【漫画家のリアルな経済事情】映画は70億円超ヒット! 『海猿』の原作者にはいくら入るのか、佐藤秀峰本人に聞いた

2012.9.14 17:30

『ブラックジャックによろしく』や『特攻の島』などで知られる人気漫画家・佐藤秀峰氏に“漫画家のリアルな経済状況”を直撃取材! 気になる漫画家の収支や、ドラマ化・映画化された『海猿』の原作使用料について、そして漫画家の置かれている状況について佐藤氏が抱える想いを伺いました。

少年ジャンプの人気漫画『ONE PIECE』の発行部数が400万部の大台に乗ってニュースとなる一方、漫画市場そのものはここ10年以上連続で縮小を続けている。果たしてこのご時世、プロの漫画家は儲かっているのだろうか? ――そう疑問に感じて8月に“印税、原稿料、アシスタント代…漫画家たちの気になる経済事情” [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/8244 ] という記事を書かせてもらったところ、記事中でデータを引用させていただいた漫画家・佐藤秀峰(さとうしゅうほう)氏から「取材してくれれば普通に話しますよ。」とツイッターで反応があった。
 

佐藤氏といえば、週刊漫画TIMESにて『特攻の島』を連載中の超売れっ子作家。今月15日から代表作『ブラックジャックによろしく』の二次使用フリーを宣言して各メディアで話題になった“いま一番ホットな漫画家”でもある。さらに海上保安官を主人公に重厚な人間ドラマを描いた『海猿』は何度も映像化され、7月公開の映画第4作『BRAVE HEARTS 海猿』は興行収入70億円に達した。

これだけ大ヒットした映画の原作者だから、さぞや原作使用料で儲かっているに違いない……どんな話が聞けるのかワクワクしながら都内にある佐藤氏の仕事場を訪れた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング