電子マネー主要6社とフェリカネットワークス、電子マネー推進検討会ウェブページを開設

2012.10.31 12:24配信
電子マネー主要6社合計で3674万のおサイフケータイ会員を獲得

セブン・カードサービス、東日本旅客鉄道、イオン、楽天Edy、NTTドコモ、ジェーシービーとフェリカネットワークスは、おサイフケータイ電子マネーの啓発、利用者拡大に向けた取り組みの一環として、電子マネー推進検討会ウェブページを開設した。

電子マネー推進検討会は、おサイフケータイ電子マネーを日々の生活のなかでより快適に、より多くのユーザーに利用してもらうことを目的に、電子マネー事業者が一体となった活動を行っている。ウェブページを開設することで、電子マネーに関わる事業者や関心のある事業者に向けて、電子マネー推進検討会の取り組み内容や電子マネーのマーケット情報などを提供する。

これまで、電子マネー6社の共通コミュニケーションワードとして「かつてない、払い心地。」の展開や、電子マネーチャリティー「RUN for WATER」の推進、6社共同キャンペーンなどを実施。11月1日からは、6社共同で「スマホでかざして 楽トクキャンペーン」を実施する。

電子マネーは、2004年のおサイフケータイサービス開始以降、キーサービスとしてユーザーを獲得。現在は、6社合計で3674万の会員を抱える。スマートフォンが対応してからはさらに増加し、おサイフケータイ対応スマートフォン所有者の3人に1人がおサイフケータイで電子マネーを利用している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング