コレガ、11n規格&全ポートGbE対応の無線LANルータ「CG-WLR300GNZ」、簡易パッケージモデルも

2012.11.12 18:34配信
CG-WLR300GNZ

コレガは、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載し、すべての有線LANポートがギガビットイーサネット(GbE)に対応した無線LANルータ「CG-WLR300GNZ」を、11月中旬に発売する。価格は6615円。また、オンライン販売を中心に展開する「E-coregaシリーズ」から、簡易パッケージモデル「CG-WLR300GNZ-W」を11月中旬に発売する。価格はオープンで、オンラインショップ「コレガダイレクトショッピング」での価格は5860円。

IEEE802.11nに対応し、高速無線LAN技術「MIMO」を搭載。二つのチャンネルを束ねて使用する「ダブルチャンネル機能」で、従来の2倍以上の理論値300Mbpsを実現する。送信2本、受信2本の内蔵Wパワーアンテナが同時にデータを分割して送受信するので、壁や障害物によってこれまで電波が届きにくかった場所でも、安定して通信できる。

有線LANポートは、WAN側(1基)、LAN側(4基)ともにGbEポートを搭載。通信効率の高い「Jumbo Frame」に対応しているので、LAN内での高速なデータ転送ができ、100Mbps超のインターネット接続サービスに余裕で対応する。

WANポートには、モデム(回線終端装置)などとLANケーブルで接続するだけで回線を自動判別して、自動で本体を設定する新開発の「つながるポート」を採用。フレッツや各種光ファイバーサービスなら、LANケーブルを接続してLED表示を確認し、画面でユーザー名とパスワードを入力するだけで設定が完了する。

コレガのキャラクター「コレガール」がやさしくガイドして、マニュアルを読まなくても基本的な無線LAN設定ができる「つながるCD」が付属。無線LAN搭載PCも簡単に接続できる。サイズは幅27×高さ125×奥行き135mmで、重さは225g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング