SE7EN 生バンドスタイルで新たな魅力を発揮

韓国出身のソロアーティスト、SE7EN(セブン)が9月18日、千葉・舞浜アンフィシアターにて、ライブツアー「SE7EN LIVE in JAPAN <No.7>」のファイナルを迎えた。

自身の誕生日である11月9日にフルアルバム『1109』のリリースが決まっているSE7ENは、このツアーでニューアルバムに収録される最新曲も披露。また、初期の活動曲やファンから募ったリクエスト曲をちりばめ、幅広く彩り豊かなステージで会場を魅了した。

シャイニ―レッドのスーツにサングラスでキメて、ダンサーと共に登場したSE7ENは、さっそく新曲『JACKPOT』でライブをスタートさせた。タイトルのJACKPOT(大当たり!)にぴったりの“フィーバー感”満載でノリノリな1曲。立ち上がる火柱とSE7ENの真っ赤なスーツに合わせ、会場を埋めたファンのブレスライトも赤く染まり、一気にテンションをアップさせると、『All Night Long』『GIVE IT TO ME』へと勢いよく続ける。

「コンニコンニー! SE7EN の2017年コンサート <No.7>にようこそ!」と会場を見渡したSE7ENは、「みんな、体力OKですよね? 最後までいけます?」と煽り、『SOMEBODY ELSE』『11:30』をスタイリッシュに魅せる。『LA LA LA』のダンスブレイクではしなやかなダンスで魅了し、『Be Good To You』の切なさあふれる熱唱に圧倒された客席からは、感嘆のため息がもれた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます