MYNAME

最年長メンバーのインスが今秋の入隊を発表したMYNAMEが8月25日、東京国際フォーラム ホールAにて、兵役前5人でのラストライブ「MYNAME LIVE2017~さよならから始まるSTORY」を開催。MYgirl(MYgirl=ファンの総称)に見守られる中、MYNAME史上初となるダブルアンコールを併せ全40曲を披露し、会場も過去最大となるホールで、(インス入隊前)“完全体”MYNAMEのフィナーレにふさわしいライブを展開した。

オープニングを飾った日本デビューシングル『Message』からセヨンがバク転をしたり、『PARIPARI』(クッカジッコJapanese ver.)では全員で空高く飛び蹴りしたりと、気合十分。『出会い愛して』では、「ずっと一緒だよ」と観客と合唱し、休みなく8曲を歌い踊った。

簡単な挨拶をはさむと、スタンドマイクを使う『RAIN』や、ジュンQのソロ曲『DUDU』など、しっとり系のダンスナンバーが続く“大人ゾーン”に突入。ジュンQがフューチャリングとして参加したインスのソロ曲『MORNING』では、インスがステージに用意されたベッドに上半身裸でうつぶせに寝たまま登場。彼女とのデートに行くまでのワクワク感をジェスチャーで演じながら歌い、最後はジュンQと肩を組みニコリ。そんな二人のブロマンスにほっこりとした。

『GirlFriend』では、MYNAMEのライブには恒例となった(!?)子どもダンサーが登場。歌唱後のトークでは「子どもたちうまいね」と褒めるコヌに、セヨンが「コヌよりうまいんじゃない?」と言って笑いを取る。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます