三菱電機、23インチワイド液晶ディスプレイ「RDT234WX-Z」と「RDT234WX-3D」、スマートフォンの映像を大画面で

2012.11.14 13:32配信
「RDT234WX-Z」(左)と「RDT234WX-3D」

三菱電機は、スマートフォンの画面を大画面・高画質で表示する「スマホビュー」を搭載したIPS方式23インチワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」から、倍速補間機能搭載の「RDT234WX-Z」と偏光方式3D対応の「RDT234WX-3D」を11月28日に発売する。

ともに、スマートフォンの表示画面を大画面・高画質で楽しめる「スマホビュー」機能を搭載。PC画面とスマートフォン画面を2画面表示する際に、スマートフォン画面を子画面の枠いっぱいに余白なしで表示する。子画面のサイズは、機種によって異なるスマートフォン画面の縦横比率に合わせて変更できる。

スマートフォン画面の表示画質は、「アドバンス DV MODE:モバイル」機能で、「テキスト」「フォト」「動画(高解像度)」「動画(低解像度)」の4種類から選ぶことができる。

映像入力端子は、DVI-D(HDCP対応)×1系統、HDMI×2系統、ミニD-sub15ピン×1系統を搭載している。

IPS方式の23インチワイドノングレア液晶(解像度1920×1080)の「RDT234WX-Z」は、120Hz駆動の液晶パネルと、倍速補間機能「倍速クリアピクチャー」を搭載する。「倍速クリアピクチャー」は、毎秒60コマの映像から動きを予想して新たな映像をつくり出し、2倍の毎秒120コマで表示するので、ホールド時間が短くなって残像が低減し、動きの速い映像を滑らかに表示。スマートフォンの毎秒30コマの映像でも、「シネマモード」の「なめらか」設定なら、4倍の毎秒120コマで表示する。3W+3Wのステレオスピーカーを搭載する。サイズは幅546×高さ453×奥行き230mmで、重さは約5.0kg。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

「RDT234WX-3D」は、IPS方式の23インチワイドハーフグレア液晶(解像度1920×1080)と2W+2Wのステレオスピーカーを搭載。偏光方式の3Dを採用することで3D映像時の輝度低下を抑え、クロストーク(二重像現象)やちらつき感の少ない3D映像を表示する。スマートフォンで表示した3D映像も、大画面に表示して付属の3Dメガネで楽しめる。3Dメガネはノーマルタイプと、視力矯正メガネに取り付けて使用するクリップタイプの2種類が付属する。サイズは幅545×高さ394×奥行き170mmで、重さは約5kg。価格はオープンで、実勢価格は5万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング