I・Oデータ、東芝「レグザZ7」シリーズ用外付けHDD「AVHD-ZR」、タイムシフトマシンに対応

2012.11.22 11:24配信
「AVHD-ZR」シリーズ(左)と交換用カセットHDD「HDUS-1.0」

アイ・オー・データ機器は、東芝のハイビジョン液晶テレビ「レグザZ7」シリーズのタイムシフトマシンに対応した外付けHDD「AVHD-ZR」シリーズ2機種と、通常録画用に使用する交換用カセットHDD「HDUS-1.0」を、12月中旬に発売する。

タイムシフトマシン用に3.5インチHDDを2台、通常録画用にカセットHDD(USM)を1台搭載する。タイムシフトマシン用の2台のHDDで、6チャンネル分の番組をまるごと一時保管でき、過去にさかのぼって番組を見ることができる。通常録画用のカセットHDDは交換でき、2番組同時録画に対応しているので、2番組をカセットHDD1台に録画できる。

タイムシフトマシンで一時保管した番組は、HDDの容量がいっぱいになると古い番組から自動で削除する。一時保管した番組は、カセットHDDへのダビングができる。カセットHDDは8台まで登録できる。

縦置き・横置き両方に対応し、USBケーブル3本分を1本にまとめたトリプルコンビケーブルが付属する。サイズは幅217×高さ70×奥行き189mmで、重さは約3.2kg。

ラインアップは、HDD容量が5TBの「AVHD-ZRC5」と、7TBの「AVHD-ZRC7」の2機種で、価格はオープン。実勢価格は「AVHD-ZRC5」が3万9800円前後、「AVHD-ZRC7」が4万9800円前後の見込み。

交換用カセットHDD「HDUS-1.0」は、容量1TB。サイズは幅81×高さ15×奥行き110mmで、重さは約160g。カラーは、シルバー、ブラック、レッド、ブルーの4色。価格はオープンで、実勢価格は1万2480円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング