スマートフォンケースの3割以上がiPhone 5対応製品、ハクバもラインアップを拡充

2012.12.10 10:21配信
ハクバ写真産業からもiPhone 5用ケース

アップルのスマートフォン「iPhone 5」の発売から2か月が過ぎた。販売もようやくやっと落ち着いて、当日持ち帰りができるようになっている。11月の機種別携帯電話ランキングでは1位から5位まで「iPhone 5」が占めた。当然、スマートフォンアクセサリも、iPhone 5向けは最大の売れ筋。今年、スマートフォンアクセサリ市場に参入したハクバ写真産業からもiPhone 5用ケースが続々と登場する。

スマートフォンアクセサリは、ケース/ジャケット、保護シート、バッテリなど、さまざま。そのなかで最も賑わっているのが、ケース/ジャケットだ。家電量販店の実売データを集計した2012年11月の「BCNランキング」によると、ケース/ジャケット市場でiPhone 5向け製品の販売数量シェアは35.7%と他を圧倒している。この市場に、ハクバが「Mfit」ブランドのiPhone 5用ケース/ジャケットを投入する。

大人向けの落ち着いたデザインのケース/ジャケットを多く展開する「Mfit」ブランドは、iPhone 5向けにビビッドカラーを配したカジュアルなモデルから定番の本革を使用したモデルまで、4種類を揃えた。

iPhone 5の本体色は、ブラックとホワイトの2色。このオーソドックスな本体を華やかに彩りたい若い女性やファッションにこだわる人に向けて送り出すのが、「WAVE BUMPER」と「LINE VIVID COVER」だ。

「WAVE BUMPER」は、衝撃に強いウレタン素材を採用したケース。側面にくびれと凹凸のある「3Dウェーブデザイン」で、ホールド感が高い。電源ボタンや音量調整ボタンなどはやや大きめで操作しやすい。

裏面は何層ものカラーリングの上に特殊コーティング処理を施し、光沢を抑えて落ち着いた風合い。カラーはホワイト、ブラック、シルバー、ゴールド、ピンク、レッド、イエロー、スカイブルー、ライムの9色。

「LINE VIVID COVER」は、黒地に鮮やかな3色のラインを配したジャケット。スッキリとしたデザインが、iPhone 5のスリムなボディをより際立たせる。内側のカードポケットには、SuicaなどのICカードを収納できる。カラーはパープル、ピンク、ミント、グレーの4色。

人気のレザーケースは、手触りの異なる「LEATHER COVER」と「SKIN COVER」の2モデル。本革を使用した「LEATHER COVER」は、表面に型押しを施し、ハードな雰囲気を演出。カラーはピンク、ブラック、ブルー、ホワイトの4色だ。

「SKIN COVER」は、子牛の革を使った滑らかな肌触りの高級ジャケット。ジャケット下部のアルミ削り出しのロゴが高級感を演出する。カラーはブラック、レッド、ターコイズの3色。また、「LEATHER COVER」と「SKIN COVER」とも、「LINE VIVID COVER」同様、内側にカードポケットを備える。

このほか、12月下旬にはPUジャケット「HORIZONTAL HYBRID」を発売する。カバー部分とケース部分を磁石で固定したモデルで、バッグに入れるときは液晶を守るためにカバーをつけて、手元で操作するときはカバーを外し、ケースだけで、といったようにシーンに合わせて使い分けることができる。なお、磁石による本体への影響についてはメーカー検証済みだ。

デザインや素材にこだわり、さらに全工程ハンドメイドでていねいにつくられた「Mfit」。自分へのごほうびや親しい人へのクリスマスプレゼントとしてもピッタリだ。(BCN・山下彰子)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング