「お金」が貯まる体質に簡単改善! 「貯金計画」実現のカギ

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんな知識をファイナンシャル・プランナーのヤマサキさんが紹介します。今回は「貯金の計画」について。最初の給与振込日までに今年の貯金目標を考え、計画を実現する簡単な方法をお教えします。実現のカギは「根性」や「ガマン」ではなく、ちょっとした「手続き」です。

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんな知識をファイナンシャル・プランナーのヤマサキさんが紹介します。

今回は「貯金の計画」について。最初の給与振込日までに今年の貯金目標を考え、計画を実現する簡単な方法をお教えします。実現のカギは「根性」や「ガマン」ではなく、ちょっとした「手続き」です。

 

■年始のうちに「貯金計画」を建てよう

新しい年が始まりました。今年もお金のことを考えていきたいと思います。年初のコラムで考えてみたいのは「今年の貯金計画」です。今年どれくらい貯められるかイメージを作り、それを実現する方法を考えてみたいと思います。

まずは昨年、どれくらい貯められたか考えてみましょう。2011年末の銀行預金の残高と2012年末の残高を比較すればその差があなたの貯蓄額です。もし、財形貯蓄や証券口座も利用しているのでしたらそうした増減も加味してください。

昨年の年収と比較してどうでしょうか(そもそも、昨年の年収が分からない人はコラム「すべての会社員は要チェック! マネープランに活用できる「源泉徴収票」の読み方[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10913 ] を参考にチェックしてみましょう)。

もし、昨年の年収の10%以上貯められていたなら、なかなかのもの。20%以上貯められていたら、お見事です。今年はその割合と同率、あるいはそれ以上を計画的に貯めてみましょう。

昨年ほとんど貯蓄できなかったか、実質的にはマイナスだったという人は、あきらめなくても大丈夫です。以下のコラムを読んで、今年こそ「貯められる自分」を目指してみてください。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング