"紅白前ラストステージ"に見たももクロの真髄!ももクリ2012最終日レポ

2013.1.14 17:30

念願の『紅白歌合戦』への出場を果たし、2013年、新たな試練に向けて走り出したももいろクローバーZ。<紅白の向こう側>へと突き進む5人の“紅白前ラストステージ”となった、2012年12月25日の『ももいろクリスマス』の模様をレポートします。

photo by Hajime Kamiiisaka

ももいろクローバーZにハマったという人にその理由を尋ねると、高確率で次のような答えが返ってきます。

「とにかく一生懸命で、いつでも全力なところ」

自分はそんな答えを聞くたびに、ああ確かにそうだよね! という納得と、う~んでもなあ……というどこか腑に落ちない消化不良な気分を同時に感じていました。確かに2011年、Zepp Tokyoで初めてももクロのライブを観た時、尋常じゃないエネルギーを発しながらただひたむきにパフォーマンスする5人の姿に、これまで味わったことのない興奮を覚えました(記事はこちら→ 【アイドル】ももクロ@12・25さいたまスーパーアリーナ前に予習しよう! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/1919 ] )。

ただ、じゃあ自分はいつも一生懸命で全力だからももクロが好きなのかと自問すると、彼女たちの魅力がそれだけだとはどうしても思えませんでした。自分はなぜももクロにここまで惹かれるのか。ももクロに出会って以来、自分はそれをずっと言葉にできないでいたのです。

時は流れて2012年12月25日。さいたまスーパーアリーナで行われた『ももいろクリスマス2012~さいたまスーパーアリーナ大会~』の2日目。このライブに参加した筆者は、初めてその問いに対する答えが見つかった気がしました。しかもそれは、あるメンバーの口から直接語られたのです……! そのあたりについては最後に触れるとして、ももいろクローバーZにとって“紅白前ラスト”のステージとなった、ももクリ2日目の模様をレポートしていきます。
 

開演ギリギリに席に着くと、後ろの方から「かなこぉ~」というあどけない声が聞こえました。振り向くと、親御さんに連れられた小学校低学年くらいの女の子が、今か今かと開演を待ちわびていました。昨年のももクリでも女性ファンの多さに驚きましたが、あれから1年が経ち、ファン層の幅はさらに広がっていたように思います。

アリーナ後方には放送席が用意され、開演前の楽屋の様子をリポートしたり、各メンバーのコンディションを解説するなど、格闘技・プロレスチックな演出は前回のももクリと同様(思い返すとこの時、有安杏果のノドの不調にも触れてましたね)。ゲストの渡部陽一の「(あの口調で)世界が、アイドルを、必要としています……!」という言葉が頭にリフレインする中、場内が暗転。ライブ本編へと誘うオープニング映像が流れます。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング