ドコモ、スマートフォン「REGZA Phone T-01D」の販売を12月2日に再開

2011.11.25 21:30配信
12月2日から販売を再開する「REGZA Phone T-01D」の紹介ページ

NTTドコモは、11月18日の発売直後に「音声通話・パケット通信ができない場合がある事象が確認されたため」として販売を一時停止していたスマートフォン「docomo with series REGZA Phone T-01D」について、12月2日に販売を再開すると発表した。

販売を一時停止した11月18日の時点では、不具合が発生する条件・原因ともにわからなかったが、11月22日に、ソフトウェアの不具合によって、電池残量が5%以下に低下した際と初回電源投入時に音声通話・パケット通信ができない場合がある事象が確認された、と発表していた。ソフトウェアの改善によってこの不具合を解消し、販売を再開する。

利用中の「REGZA Phone T-01D」は、11月28日10時から提供するソフトウェアアップデートを実施することで改善する。ソフトウェアアップデートの手順など、詳細はドコモのウェブサイトに掲載している。

「REGZA Phone T-01D」は、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のAndroid 2.3搭載スマートフォン。東芝製の液晶テレビ「レグザ」の高画質化技術をベースに、スマートフォンに最適化した映像高画質化技術「モバイルレグザエンジン5.0」や、約4.3インチの超高精細HD液晶などを搭載し、高画質・高音質で動画やワンセグなどを楽しめる。IPX5/8の防水・IP5Xの防塵性能を備え、赤外線やおサイフケータイにも対応する。カラーは、Dark Green、Black、Bordeauxの3色。

量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、発売日の11月18日に限ると、携帯電話全体のランキングで、同日発売のauの「AQUOS PHONE IS13SH」より一つ上の3位を獲得するなど、まずまずの売れ行きだった。しかし、販売一時停止となったため、発売日を含む11月第2週(11月14~20日)の週次集計では、「AQUOS PHONE IS13SH」の13位より低い21位にとどまった。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング