"生"で会いたい旬なイケメンたちが大集合!『ナマメン』エンタメ情報まとめ

【V系】ジャケはデコトラ! 演歌チャート1位のV系バンド「ダウト」は創意工夫の塊

歌謡曲テイストのロックサウンドが特徴のヴィジュアル系バンド・ダウト。先んじてリリースされたシングル『中距離恋愛』はオリコンの演歌・歌謡曲チャートの1位を取得し、全国各地のゆるキャラとコラボイベントを行うなど、一風変わった活動が話題を呼んでいます。2月20日(水)に約1年ぶりのフルアルバム『歌舞伎デスコ』をリリースする彼らに直撃インタビュー!

前方より、ひヵる(ギター)、玲夏(ベース)、威吹(ギター)、ミナセ(ドラム)、幸樹(ボーカル)。
写真:中川有紀子 拡大画像表示

歌謡曲テイストのロックサウンドが特徴のヴィジュアル系バンド・ダウト。先んじてリリースされたシングル『中距離恋愛』はオリコンの演歌・歌謡曲チャートの1位を取得し、全国各地のゆるキャラとコラボイベントを行うなど、一風変わった活動が話題を呼んでいます。2月20日(水)に約1年ぶりのフルアルバム『歌舞伎デスコ』をリリースする彼らに直撃インタビュー!

 
――まず、ダウトというバンドのコンセプトを聞かせてください。

幸樹:"愛国主義的エンターティナー"ですね、コンセプトは。要は慣れ親しんでいた日本の音楽を大事にしつつ、みんなを楽しませるっていう感じです。メロディやアートワークも含めて歌謡曲的なものを感じさせるようにはなっています。

 
幸樹  拡大画像表示

威吹:最初にこのメンバーが集った時に「歌を大事にしよう」というのはありましたね。

――歌謡曲や日本的なメロディを意識してるとのことですが、ルーツはどのあたりにあるのでしょうか。

幸樹:僕は単純にJ-POPが好きで、逆に洋楽とかはあんまりわかんないんで、無理してやる必要もないかなと。自分たちが好きなことを音楽でやるのがいちばん良いだろうし、楽曲も活きると思うんで。

 

 

人気記事ランキング