ソフトバンクモバイル、「スマホタダ割」など各種キャンペーンを延長

2013.1.31 20:24配信

ソフトバンクモバイルは、「スマホタダ割」など、現在提供中の各種キャンペーンと、オプションサービス「24時間通話定額オプション」「テザリングオプション」の受付期間を延長する。

「iPhone 5」など、高速データ通信サービス「SoftBank 4G/4G LTE」対応スマートフォン・タブレット端末を、モバイルWi-Fiルータとして利用できる「テザリングオプション」については、2013年3月31日まで延長する。「テザリングオプション」の月額使用料は525円だが、加入から2年間は無料。

「スマホタダ割」「かいかえ割」「スマホファミリー割」「スマホまとめて割」「スマホ紹介割」「【新】iPad ゼロから定額キャンペーン」「iPad for everybody」と、オプションサービス「24時間通話定額オプション」については、5月31日まで延長する。さらに、2月1日から3月31日まで「スマホまとめて割」と「スマホBB割」を拡充し、条件を満たした場合はタブレット端末(iPad mini/iPad Retina ディスプレイモデルのWi-Fi + Cellularモデル)の利用料金をさらに追加で最大1万2600円割り引く。

このほか、「24時間通話定額オプション」に加入すると、通常500円の月額使用料を2か月間、無料にするキャンペーンを2月1日から5月31日まで実施する。

2月1日からは、「スマホタダ割」「スマホファミリー割」「スマホまとめて割」「スマホ紹介割」「スマホBB割」について、キャンペーンの適用条件・対象機種など、内容を一部変更する。「スマホタダ割」は、対象となる携帯電話が「iPhoneを含むスマートフォン」に限定される。その他のキャンペーンは、内容に変更はない。1月31日で終了予定だった「スマホ下取り割」は、今後は期間を定めず、継続的に実施するが、下取り価格は、時期などによって随時変更する可能性があるとしている。

●auも各種キャンペーンを延長、「au通話定額24」2か月無料キャンペーン開始

ソフトバンクモバイル同様、「iPhone 5」を取り扱うKDDIも、現在提供中の各種キャンペーンを延長する。「『テザリングオプション』24ヶ月無料キャンペーン」は3月31日まで、「LTEフラット for Tab 基本使用料割引キャンペーン」「ゼロスタート定額キャンペーン」は5月31日まで。MNP向け基本料割引キャンペーン「女子割・男子割」は1月31日で終了し、2月1日から「ウェルカム割」に名称を変更して継続する。

このほか、「iPhone 5」をはじめとする「4G LTE」対応auスマートフォン向けに、オプションサービス「au通話定額24」の月額利用料(500円)を2か月間、無料にするキャンペーンを、2月1日から5月31日まで実施する。auの「au通話定額24」とソフトバンクモバイルの「24時間通話定額オプション」は同じ内容の有料オプションサービスで、au/ソフトバンク携帯電話への国内通話が24時間無料になる。

NTTドコモも、「ありがとう10年 Xiスマホ割」など、2月28日で終了予定だった一部のキャンペーンの受付期間を3月31日まで延長している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング