ラトックシステム、RS-232C機器と無線LANで接続できる変換アダプタ「REX-WF60」

2013.3.13 12:31配信
REX-WF60

ラトックシステムは、PCやタブレット端末とRS-232C機器を無線LANで接続するための変換アダプタ「REX-WF60」を、3月下旬に発売する。価格は2万9400円。

RS-232Cポートによる有線通信に対応するカードリーダー、バーコードリーダー、ジャーナルプリンタなどの機器とつなぐことで、IEEE802.11b/g準拠の無線LANでの通信を実現。無線LAN機能搭載のPCやiOS/Android端末などと接続し、無線LANで測定データの取得やモード設定などができる。RS-232Cコネクタは、EIA/TIA-232-F規格対応のD-Sub9ピン。

無線LAN機能は、アクセスポイントを介して通信するインフラストラクチャモードと、アクセスポイントを介さずに機器同士が直接通信するアドホックモードに対応。通信状態を確認できるモニタLEDを搭載する。

対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP(SP3)、iOS 6.x、Android 4.x/3.2/2.3.x。サイズは幅26.0×高さ16.0×奥行き75.4mmで、重さは約25g。簡単設定ユーティリティと通信サンプルプログラムを提供するとともに、Windows搭載PCからCOMポートとして認識できるCOMポートエミュレートドライバの提供を予定している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング