宮澤佐江連載「ミラチャイ」

[第7回]中国の「縁起」のいい数字、悪い数字を学びましょう(1)

今回は中国の「縁起」の中でも重要度ピカイチ!「数字」にまつわるアレコレについて掘り下げてみましょう!

ニイハオ! SNH48宮澤佐江です。

――先週の第6回では、プレゼントの際などに気を付けたほうがいい中国の「縁起」について勉強しました。

はい~、緑の帽子にはホンット驚きました(笑)

――続いて中国の「縁起」の中でも気にされ度ナンバーワンともいうべき「数字」について突っ込んでいきましょう。数字はあらゆる場面で非常に重要なので、今週から何回かに分けて取り上げていきましょう。お? アレレ? 佐江ちゃんの手帳に貼ってあるスワロフスキーの“2”って、もしや今年のリクアワ(※1)の?!

はい! 2位に選んでいただいた時に、ほっぺに貼っていた“2”です。

(※1「AKB48リクエストアワー セットリストベスト100 2013」:1/24~27、TOKYO DOME CITY HALLで開催されたAKB48真冬の恒例イベント。佐江ちゃんのユニット曲「奇跡は間に合わない」がAKB48グループ全536曲からファン投票で堂々の第2位を獲得!)

――いつも、そうやって持ち歩いているんですか?

はい、とっても大切なものなので(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

――いいですねー。中国で、2は縁起のいい数字なんですよ~。

エッ!そうなんですか♪

――おめでたい時の数字って、日本では例えば七五三のように奇数になりますけど、中国では基本的に偶数なんです。結婚式のお祝いも偶数で包みますから。贈り物も2つそろって1組になる、いわゆる「対(つい)」を好むんですね。だから2はとてもいい数字。リクアワの2位はまさにファンの方とタッグを組んで、ファンの方からプレゼントされた“奇跡”でしたものね!

そうなんです!わ~あ、2が縁起がいいというのは、うれしいなぁ♪

中国の"4"は、日本と同じ指の表し方です。佐江ちゃんは、四(sì)の発音の口をしています。
拡大画像表示

――あ、でも偶数でも4はダメなんです。どうしてだか分かりますか?

発音が、縁起悪い?

――ピンポーン!の音がの音と重なるからNGなのです。

へー、それは日本と一緒なんですね。

――ほかに数字にまつわる縁起といえば、外せないのは8でしょうか。の音が发财(金持ちになる/金を儲ける)のに通じるから、大人気!

(笑)

――自動車のナンバープレートを例に挙げてみましょう。佐江ちゃんもお聞き及びかと思いますが、いま中国では大気汚染が深刻な問題となっていて、自動車の台数をできるだけ増やさないように規制が厳しくなっているんですね。上海ではここしばらくナンバープレートの価格がウナギ登りで、自動車そのものよりナンバープレートの方が高価なんてこともあるほど。プレート1枚が日本円で、百万円以上の値段を付けているんです。

ー!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング