I・Oデータ、マルチタッチに対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF223FBR-T」など

2013.4.4 18:8配信
LCD-MF223FBR-T

アイ・オー・データ機器は、Windows 8/7のマルチタッチに対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF223FBR-T」を4月末に、ワイドディスプレイの縦長表示に対応するディスプレイ用スタンド「DA-STAND1」を4月上旬に発売する。

「LCD-MF223FBR-T」は、Windows 8/7のマルチタッチ(2ポイント)機能に対応し、マウス操作が不要な新感覚のタッチパネル操作ができるワイド液晶ディスプレイ。光学式のタッチパネルセンサを採用し、同時に2本の指での操作ができる。鉄球の落下テストをクリアした高強度のガラス製保護フィルターを搭載する。

最大表示解像度は1920×1080画素で、作業領域が広く、映像編集などにも使用できる。最大輝度は220cd/m2で、コントラストは1000:1、応答速度は5ms。1W+1Wのスピーカーを搭載する。映像入力端子は、アナログRGB、HDCP対応DVI-D、HDMI、音声入力はステレオミニジャックを備える。スタンドを含むサイズは、幅516×奥行き132~324×高さ384mmで、重さは約4.7kg。本体に収納できるタッチペンが付属する。価格はオープンで、直販サイト「アイオープラザ」での価格は3万4800円。

「DA-STAND1」は、ピボット(90°回転機能)対応のディスプレイ用スタンド。ワイド液晶ディスプレイを取りつけてを90°回転することで、縦長文書などの閲覧・作成時に便利に使用できる。画面回転アプリ「クルッとな」を使用すれば、PC側で設定することなく、簡単に画面を回転させることができる。

VESA規格100mmに準拠したディスプレイに対応する。最大荷重は4.2kgで、本体の重さは1.4kg。画面回転アプリ「クルッとな」の対応OSはWindows 8/7。価格は5300円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング