皆さんこんにちは、Chaccoです!

毎日、怪獣みたいな男の子を育てているワタシには思うことがありました。

『きっと女の子の育児って男の子と比べて楽なんだろうなぁ…』

しかし、そんな想像は実際に毎日女の子を育てているママたちの話を聞いて、全く見当違いだったことが分かったんです。


男の子ママの自分には目から鱗な『女の子育児あるある』がこんなにあったなんて!

 

1・毎朝の服選びにめっちゃ時間かかる

その日着ていく服は必ず自分で選ばないと気が済まない女の子。

たまのデートに来ていく服を悩むのは分かりますが、保育園に行くだけなのにアレじゃないコレじゃないとタンスから服を引っ張り出してはファッションショー状態。

もう朝はただでさえ時間が無くてバタバタなので、ママが「ホラ、これ着ていけばいいじゃん!」と進めてもほぼ100%却下。
結局、何十分もかけてやっとトータルコーディネート出来たと思ったら、親目線で見るとメチャメチャダサいという結果に(笑)

寒空のなかジャンパーも羽織らず素足で玄関を出ようとするムスコからは信じられない女の子のオマセぶりです!

 

2・登園時にはマイお気に入りグッズを持参

朝の登園時に会う女の子たちの手には、様々な『家から持参グッズ』を見かけます。

まず代表的なのは『お気に入りの人形』で、すごい子は4~5体を両手で抱えて嬉しそうに入って来ます。他にも『ジップロックに入れたどんぐり』を毎日握りしめる子や、『オママゴトセットで使った包丁のおもちゃ』、はたまた何故か『リアルな茶こし』を片手に無表情で入場する子まで様々です。

そして必ず手からポロポロと落としたり、どこかに忘れそうになったりし、ママが「あ~もうちゃんと持っててって言ったでしょ~!」と拾いあげてもまた落とされるの繰り返し。
本人、楽しそうだから何も言えないし、取り上げたらギャン泣きするしで黙って見てるしかないというママたちのジレンマ…。

コレ逆に男の子がプラレール片手に登園というのは、ワタシの周りだけなのか、あまり見かけません。
女の子たちは保育園への道のりも『お出かけ』と意識しているのでしょうか?

3・お友達が数人集まれば『女子会』のスタート

ほぼ毎日、保育園で顔を合わせるクラスメイト達はイチバンのお友達。
女の子たちは仲良しメンバーが揃うと、朝からオママゴトセットを引っ張り出してチャッチャとセッティング。部屋のかどっこに陣取って「オチャちょ~だ~い」「おいしいわ~」と大人顔負けの女子会を開催。

しかし大人と違うのは、途中オモチャの取り合いでマジゲンカが勃発すること。
「あーたしーのぉー!」「じゅーんーばーんーっ!!」「かーえーしてぇー!!!」
それぞれのママがまだ布団カバーをつけてる最中に、女の子たちの怒号が保育室に響き渡ります。

「何やってんの!」「こらやめなさい~!」「ウチの子がごめんね~!」
もう喧嘩の仲裁しなきゃだわ、相手のママに謝らなきゃだわ、自分の子もフォローしなきゃだわでヘトヘト…。

それを横目でチラリと一瞥したら対岸の火事だといわんばかりに無言で一人遊びに没頭するムスコおよび男の子軍団…。

楽しさと自我が真向からぶつかる『2歳児女子会』は大人のワタシでも圧倒されました…。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます
バックナンバー