ギガバイト、「DUAL UEFI」搭載の「GA-C1007UN-D」など、マザーボード4機種、CFD販売から発売

2013.4.15 18:34配信
「GA-C1007UN-D」

日本ギガバイトは、マザーボードの新製品として、「GA-C1007UN-D」「GA-B75M-HD3」「GA-H61M-USB3H」「GA-F2A85XM-HD3」の4機種を、4月中旬にCFD販売から発売する。

いずれも信頼性と耐久性を向上した最新設計技術「Ultra Durable 4 Classic」を採用し、トラブルや故障を未然に防ぎ、長期間安定して使用できる。マザーボードの大敵である湿度や静電気放電、サージ(電流の瞬間的急増)に対する高い耐性を備え、全体の発熱を抑える設計で高い耐久性を実現した。PCの電源がオフの状態でもUSBからバスパワーで電源を供給できる「ON/OFF Charge機能」を搭載する。

「GA-C1007UN-D」「GA-B75M-HD3」「GA-H61M-USB3H」は、32ビットカラー画面に対応。マウスを使ったグラフィカル・インターフェースで操作できる「DUAL UEFI」を搭載。また、二つのUEFI ROMを備えているので、メインUEFIが故障してシステムが起動不能になった場合でも、自動的にバックアップUEFIが動作してシステムを復旧する。また、3TB以上の大容量HDDから起動できる。

コンデンサには、寿命5万時間の固体コンデンサを採用し、高品質部材の使用によってシステムの耐久性や安定性を向上した。

「GA-C1007UN-D」は、Mini-ITX対応マザーボードで、CPUにインテルのデュアルコアCeleron 1007Uをオンボードで搭載。チップセットはインテルNM70を採用する。メモリスロットはDDR3 DIMMソケット×3で、最大16GBのメモリを搭載できる。

インターフェースは、USB2.0×8基、D-sub15ピン×1基、HDMI×1基、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基。拡張スロットはPCIスロット×1基、ストレージ用インターフェースはSATA 6Gb/s×1基、SATA 3Gb/s×2基、eSATA 3Gb/s×1基を備える。価格はオープンで、実勢価格は1万1000円前後の見込み。

「GA-B75M-HD3」は、Micro ATX対応マザーボードで、インテルCore i7/i5/i3、Pentium、Celeronに対応したLGA1155ソケットを備える。チップセットはインテルB75 Express。メモリスロットはDDR3 DIMMソケット×2基で、最大16GBのメモリを搭載できる。

インターフェースは、USB3.0×4基、USB2.0×8基、D-sub15ピン×1基、DVI-D×1基、HDMI×1基、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基。拡張スロットは、PCI Express x16×1基、PCI Express x1×2基、PCI×3基、ストレージ用インターフェースはSATA 6Gb/s×1基、SATA 3Gb/s×5基を備える。価格はオープンで、実勢価格は7000円前後の見込み。

「GA-H61M-USB3H」は、Micro ATX対応マザーボードで、インテルCore i7/i5/i3、Pentium、Celeronに対応したLGA1155ソケットを備える。チップセットはインテルH61 Express。メモリスロットはDDR3 DIMMソケット×2基で、最大16GBのメモリを搭載できる。

インターフェースは、USB3.0×4基、USB2.0×8基、D-sub15ピン×1基、DVI-D×1基、HDMI×1基、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基。拡張スロットはPCI Express x16×1基、PCI Express x1×1基、ストレージ用インターフェースはSATA 3Gb/s×4基を備える。価格はオープンで、実勢価格は6000円前後の見込み。

「GA-F2A85XM-HD3」は、Micro ATX対応マザーボードで、AMD AシリーズやAMD Athlonに対応したFM2ソケットを搭載。チップセットはAMD A85X。メモリスロットはDDR3 DIMMソケット×2基で、最大64GBのメモリを搭載できる。

インターフェースは、USB3.0×4基、USB2.0×8基、D-sub15ピン×1基、DVI-D×1基、HDMI×1基、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基。拡張スロットはPCI Express x16(x16駆動)×1基、PCI Express x16(x4駆動)×1基、PCI Express x1×1基、PCI×1基、ストレージ用インターフェースはSATA 8Gb/s×8基(RAID 0/1/5/10、JBOD対応)を備える。価格はオープンで、実勢価格は9000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング