バッファロー、デュアルバンド300Mbps対応の無線LANルータ「WZR-600DHP2」、11n/aと11n/gの同時使用に対応

2013.4.18 15:18配信
WZR-600DHP2

バッファローは、11n/a(規格値300Mbps)と11n/g(規格値300Mbps)の無線LAN規格の同時使用に対応した無線LANルータ「WZR-600DHP2」を、5月上旬に発売する。価格は1万500円。

5GHz帯のIEEE802.11n/aと、2.4GHz帯のIEEE802.11n/gの同時使用ができる。どちらも規格値300Mbpsでの通信に対応する。

2本のアンテナを内蔵し、IEEE802.11nでの通信では送信と受信を複数のアンテナで行うMIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を使用。複数の機器を同時接続した場合でも快適に利用できる。また、電波出力を高めたハイパワー設計で、どの部屋にも電波が届く。

有線LANポート(LAN側×4基、WAN側×1基)は、いずれも1000BASE-Tに対応する。ギガビット対応のPCやネットワーク機器との高速通信ができる。メーカー実測による有線実効スループットは、DHCPで938Mbps、PPPoEで909Mbps。

無線LANとインターネット回線の初期設定がスマートフォンだけでできる「AOSS2」を搭載。親機のAOSSボタンを押して、スマートフォンをタップするだけで、無線LANによるインターネットが利用できるようになる。PCや携帯ゲーム機など幅広い機器で利用できる「AOSS」にも対応する。

USB2.0ポート×1を搭載。USB接続のHDDやUSBメモリ、シリコンディスク、カードリーダーを接続して、ネットワーク対応HDD(NAS)として使用できる。サイズは幅28×高さ185×奥行き196mmで、重さは約520g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング