フィリップス、Bluetooth対応ヘッドホン「SHB7000」「SHB9100」

2013.4.19 17:46配信
「SHB7000」(左)と「SHB9100」

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、Bluetoothを搭載し、ワイヤードとワイヤレスの2ウェイ使用に対応するヘッドホン「SHB7000」「SHB9100」を、4月下旬に発売する。価格はオープン。

Bluetooth接続によるワイヤレス再生と、オーディオケーブルを接続した有線での再生に対応するヘッドホン。音質や電池残量に応じて切り替えることができる。

40mmの高性能ドライバで、ダイナミックで深みのある低音と、透明感と幅のある高音が楽しめる。ハウジング部にマイクとコントローラを搭載し、音量調整や一時停止/曲送り/曲戻し/電話受信の操作ができる。バンド部分は、耳をやさしく包みこむソフトクッションで、長時間装着しても疲れにくい。

リチウムポリマー電池を内蔵。充電時間は約2.5時間で、Blutooth使用時の連続稼動時間は約9時間。

「SHB7000」は、再生周波数帯域20~20,000Hz、最大入力100mW。カラーはブラックとホワイトで、重さは184g。価格はオープンで、実勢価格は1万2800円前後の見込み。

「SHB9100」は、再生周波数帯域18~21,000Hz、最大入力50mW。カラーはレッドとホワイトで、重さは143g。価格はオープンで、実勢価格は9800円前後の見込み。

フィリップスは、InterFMと共同のキャンペーンサイト「Listen to the MAGIC」をオープン。InterFMのDJやアーティストが選ぶ「耳に魔法をかけた音楽」を特設サイト上で1日1曲ずつ公開する。また、「音のソムリエ」と呼ばれるフィリップスのサウンドエンジニア「ゴールデンイヤー」についてのコンテンツや、音楽のプロフェッショナルによる製品レビューなどのコンテンツを用意している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング