昨今、多くの企業が社員に対する手厚い「子育て支援制度」を導入しています。こうした子育て支援制度は、今、どんどん進化しているのです。

今回は、3つの企業の、ママに嬉しい画期的な支援制度を3つご紹介します。

1.Sansan株式会社「MOM(マム)」

保育園料を全額補助するなどの内容を含む、子育て支援制度「MOM(マム)」を2017年10月に発表したSansan株式会社は、クラウド名刺管理サービスを提供する会社です。子どもの預け先が見つからず、職場復帰が遅れてしまう社員の早期復帰を後押しするためにスタートさせたのだそう。

MOMには次の4つの支援があるそうです。

  1. 保育園料全額補助
  2. タクシー費用の補助
  3. 入園予約金の補助
  4. 保活コンシェルジュの利用補助

保育園料の補助自体はよく見かける制度ですが、上限が決められていたり、「3万円まで」などの一部だけ補助したりするのが一般的である中、「全額補助」というのは、とてもママ思い。

さらに、預け先の選択肢を広げるためのタクシー費用の補助についても注目です。入園予約金や保活コンシェルジュ利用についても、細かい部分への配慮が感じられます。

そこでSansan株式会社の担当者さんに、働くママさん社員の方たちへ向けた想いを伺いました。

「『MOM』を設置したのは、社員が『保活』の状況に左右されずに職場へ復帰し、活躍してもらえる環境を整えることが目的です。

当社は『ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する』というミッションを掲げ、クラウド名刺管理サービスを提供しています。

当社にとって社員一人ひとりがそのミッションの達成を目指すために必要なメンバーです。それは、産休を経て育休に入った社員も同じで、それぞれが会社にとって重要な役割を担っていることは変わりません。

早期に復帰したいと思ってくれるメンバーを何とか後押ししたい。そしてメンバーの早期復帰を会社の事業成長につなげたい。そんな想いを込めて作ったのが『MOM』です」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます