ソフトバンクBB、日本気象協会監修の「熱中症・風邪」「UV・うるおい」指標チェッカー

2013.5.17 15:33配信
「熱中症・風邪 ダブル指標チェッカー」(左)と「UV・うるおい ダブル指標チェッカー」

ソフトバンクBBは、5月17日、「SoftBank SELECTION」ブランドから、気温と湿度を自動計測してiPhoneでアドバイスする「熱中症・風邪 ダブル指標チェッカー」と「UV・うるおい ダブル指標チェッカー」を発売した。

「熱中症・風邪 ダブル指標チェッカー」は、気温と湿度を自動計測し、熱中症や風邪の危険性をiPhoneでアドバイスするワイヤレスチェッカー。「UV・うるおい ダブル指標チェッカー」は、気温と湿度に加えて紫外線を自動計測し、環境の状態や肌への影響をアドバイスする。ともに日本気象協会が監修した。

Bluetooth 4.0に対応し、専用のiPhoneアプリと連動。10分ごとに自動計測し、iPhoneに危険度を5段階で表示する。危険度が高いときは、iPhoneのプッシュ通知でお知らせを受け取ることができる。このほか、「わたしグラフ」画面で、過去最大48時間分の計測データの変化をグラフで確認できる。「UV・うるおい ダブル指標チェッカー」は、ゲーム感覚で肌のコンディション対策ができる「お肌マネージャー」を備える。

対応機種は、iOS 5.0以上のiPhone 5/4S。サイズは、幅約51×高さ38×奥行き22mmで、重さは約25g。電源はボタン型電池。カラーは、「熱中症・風邪 ダブル指標チェッカー」がホワイトで、「UV・うるおい ダブル指標チェッカー」がピンク。価格は、「熱中症・風邪 ダブル指標チェッカー」が2980円、「UV・うるおい ダブル指標チェッカー」が3680円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング