バッファロー、コネクタを自動で収納するUSBメモリ「RUF3-HPMシリーズ」

2013.5.24 12:8配信
RUF3-HPMシリーズ

バッファローは、USBコネクタを自動で収納する「オートリターン機構」を搭載したUSB3.0対応のUSBメモリ「RUF3-HPMシリーズ」を6月上旬に発売する。

PCのUSBポートから取り外したときに、USBコネクタを自動的に収納する「オートリターン機構」をもつキャップレスタイプのUSBメモリ。従来は手動だった収納の手間を省くことに加え、コネクタの収納を忘れて破損するなどのトラブルを防ぐ。使用するときには、ノック式ボールペンのようにボタンを押すことでUSBコネクタが飛び出す。

新型のUSB3.0対応コントローラーを採用し、Read 180MB/s以上を実現することで、従来のUSB3.0からパフォーマンスが劇的に改善。対応OSはWindows 8/7/Vista/XP、Mac OS 10.8/10.7/10.6/10.5/10.4。Windows向けに、データの書込み・コピーを高速化する「ターボPC EX」や、バックアップ時のデータ転送を高速化する「バックアップユーティリティー」など、快適化ソフトのダウンロード特典が付属する。

サイズは、幅23×高さ9×奥行き65mmで、重さは約12g。ストラップホールを備える。カラーは、レッド、ブラック、シルバー、ブルーの4色。価格はオープン。直販サイト「バッファローダイレクト」での価格は、容量64GBが1万2800円、32GBが6980円、16GBが4480円、8GBが3380円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング