こんなタイプに要注意! 付き合うと不幸になる「問題児」なオトコの見極めかた

恋愛に悩みは付き物ですが「付き合うまでは、こんな人だと思わなかった…」という悲しい事態は事前に回避したいもの。そのために、今回は「問題児」な3つのタイプの男性について、彼らの口癖と生態、そして付き合い方についてご紹介します。

恋愛に悩みは付き物ですが、彼の性格や癖が気になってしょうがないという人は、相手が変わってくれるのを待つか、自分が変わるかのどちらかを迫られることになりますね。

「こんな人だと思わなかった。そんな彼とは付き合い続けられない」という悲しい事態は、事前に回避したい。そのために、男性を観察する際に参考として使える、いくつかのポイントをご紹介します。

今回は、女性を悩ませる3つのタイプの男性について、彼らの口癖と生態についてお届けします。

 

無計画男

●口癖「何とかなるって」
無計画で、結果が上手くいったからそれでオッケー。ではありません!

その結果は、たまたま出たもの。次は大失敗するかもしれません。怖いです。リスキーです。

わざと無計画のデートをしたり、ストレスが溜まりに溜まった結果、無計画に服を買ってしまう…たまには、そんな無計画は誰にもあります。

たとえ計画したとしても、計画通りに行くことの方が少ないかもしれません。

だからといって、計画しないのが正しいのかというと、そうではないですよね。

無計画にお金を使った結果の自己破産や、無計画にデートした結果、帰りの終電を逃す。無計画には危険が山盛りです。

私の周りにも、無計画男子がいますが、無計画男子が大きなトラブルに合わずに生活できている場合は、付き合っている彼女がしっかり手綱を握っているカップルです。

ですから、無計画男子と付き合うなら、あなたがきっちりと計画できる「計画女子」になるしかないかも。

「でも、デートを計画するのは彼にしてほしい…。それって男子の役目だし」という声も聞こえてきそうですね。私にも、そんな風に男だから女だからと、役割を固定していた時期がありました。

でも、相手が計画できない人で、自分が計画する他ないのなら「こうしなければいけない」という価値観から、とりあえず解放されてみる。すると、意外と計画するのが向いていたり、無計画な彼に対して持っていたイライラも減るかもしれない。

相手に変化を求めるより、自分が変わる方が早い。でも、難しいのはその加減。

計画して彼を縛りつけすぎて、鬱陶しがられない程度に、彼の無計画を上手に管理しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント