東芝、無線LAN機能を搭載したメモリカード「FlashAir」に高速16GBモデルが登場

2013.7.4 21:4配信
高速化を実現した16GBモデル「FlashAir W-02」

東芝は、7月6日、無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」シリーズの新商品として、容量16GBの「FlashAir W-02」を発売する。価格はオープンで、実勢価格は5500円前後の見込み。

「FlashAir」はIEEE802.11b/g/nの無線LAN機能を内蔵し、対応機器間であればワイヤレスでデータを転送できるSDHCメモリカード。SDHCカードに対応するデジタルカメラに「FlashAir」を入れて、撮影した静止画・動画を複数のスマートフォンやタブレット端末へデータを転送することができる。PCを介する必要がなく、3G回線が届かない場所やWi-Fiポイントがない場所で使うことができる。

10MB/秒以上のデータ転送速度を保証する「Class10」に対応。読込み・書込み時の転送速度が向上し、デジタル一眼カメラなどの高解像モードでの高速連写撮影がスムーズになった。

無線LANのモジュールを改良し、ワイヤレス転送速度も約30%高速化。デバイス間でのデータのやり取りが快適になった。デジタルカメラで撮影した写真をスマートフォンやタブレット端末に自動更新表示したり、表示する写真を日付で限定したりする機能を追加した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング