ジニョン(B1A4)初単独イベント 客席をバックに

人気K-POPグループ、B1A4(ビーワンエーフォー)のリーダーで、俳優としても活躍するジニョンが1月21日、東京・豊洲PITで単独イベント『「雲が描いた月明り」with ジニョン(B1A4)ドラマファンミーティング』を開催。昼夜2公演ともチケットは完売し、2600人のファンとともに至福の時を過ごした。

韓国で「クルミ(雲)シンドローム」を巻き起こした大ヒットドラマ「雲が描いた月明り」(’17)で時代劇に初挑戦したジニョンは、劇中でヒロインに片思いをするキム・ユンソン役を好演。日本でも、恋と友情に揺れるユンソンがたまらない! とたちまち話題に。これを受けて今回、単独でのドラマファンミーティングが行われた。

会場が暗転すると、客席後方の扉からジニョンが登場! ファンとハイタッチをしながら客席を歩くサプライズに、序盤から黄色い歓声が飛び交った。歌手として数多くの舞台に立ってきた彼も、俳優としてのイベントは今回が初めて。やや緊張した面持ちで「俳優として初めてでドキドキしています。そして、単独ファンミーティングも初めてなのでドキドキしていますが……ドキドキしています」とコメント。そんなジニョンに、ファンたちは「かわいい!」とさっそく心を奪われていた。

その後は、「ジニョンが描いた月明り~ユンソン、キャラクター列伝~」と題し、ユンソンの魅力を徹底分析。照れくさそうにほほ笑んだり、演技のポイントをマネしながら名場面をまとめたVTRをファンと一緒に観賞した。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます