LG、アスペクト比21:9の29インチウルトラワイド液晶ディスプレイ2機種、「29EA73-P」と「29EB73-P」

2013.7.29 16:28配信
「29EA73-P」(左)と、「29EB73-P」

LGエレクトロニクス・ジャパンは、アスペクト比21:9の29インチウルトラワイド液晶ディスプレイ「29EA73-P」を8月上旬に、29インチで昇降スタンド搭載の「29EB73-P」を9月上旬に発売する。

シネスコ(シネマスコープ)サイズのコンテンツを大画面で表示できるアスペクト比21:9の29インチウルトラワイド液晶(解像度2560×1080)を搭載する。

視野角が水平178°、垂直178°と広く、色変化が起きにくく鮮明な画像のAH-IPSパネルを採用。どの角度から見ても色や輝度の変化がほとんど生じないので、常に鮮やかな色と明るさで視聴できる。応答速度5msのオーバードライブ機能で、動画やゲームを滑らかに表示する。

映画館のスクリーンのように広々と大きく、フレームをほとんど感じさせないベゼル幅最小11.1mmの「CINEMA SCREEN」が、映像視聴時の没入感を高める。

工場出荷時にキャリブレーションを行うとともに、より正確なカラーマネジメントができるハードウェアキャリブレーションに対応。付属するキャリブレーションソフト「True Color Finder」が、キャリブレーションターゲットを簡単に設定できる。キャリブレーションには、別途キャリブレーションセンサが必要。

画面を最大で4分割して表示する「4-Screen Split」機能を搭載。表示エリアごとに異なるアプリケーションを割り当てられるので、複数のアプリケーションによる快適なマルチタスキングを実現する。

MHL(Mobile High-Definition Link)に対応し、MHL対応スマートフォンの画面を大画面で表示。また、エヌ・シー・ジャパンの人気ゲーム「LineageII」「The Tower of AION」の推奨ディスプレイとして認定を受けている。

本体には、高出力の7W+7Wステレオスピーカーを備え、映像入力端子はDVI-D(デュアルリンク)×1基、HDMI×2基、DisplayPort×1基を搭載する。

「29EA73-P」は、サイズが幅699.7×高さ387.0×奥行き197.2mmで、重さは約5.9kg。価格はオープンで、実勢価格は5万6000円前後の見込み。「29EB73-P」は、サイズが幅699.7×高さ395.3×奥行き225.0mmで、重さは約6.9kg。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング