雅楽→オカリナ→アニソンへ! シンガー喜多修平が明かした唯一無二の音楽ルーツ

2ndアルバム『ユメミルセカイ』をリリース、10月にはライブツアーを控える喜多修平さんにインタビュー。新作の話はもちろん、意外すぎる音楽のルーツからマニアックな趣味まで、喜多さんの素顔にロングインタビューで迫ります。

2007年夏に開催された「全日本第1回アニソングランプリ」で見事優勝し、鮮烈なデビューを飾ったアニソンアーティスト・喜多修平。テレビアニメ『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』の第1期オープニング主題歌『Breakin' through』でデビューして以来、その力強くも優しい歌声で数々のアニソンを歌い続けてきた。

そんな喜多修平にとって2枚目のアルバムとなる『ユメミルセカイ』が7月24日に発売され、それに伴って10月からは全国3ヶ所でライブツアーを開催する。止まることなく躍進を続ける喜多修平にとって、歌とは、アニソンとは何なのか。自身の音楽のルーツから、プライベートの過ごし方まで、じっくりとお話を伺った。

――先日、中国・広州のアニメイベントに出演されたそうですね。そちらではファンとのトークイベントを行ったそうですが、海外のファンはいかがでしたか?

喜多「同じアジアだからかもしれませんが、日本とあまり変わらない感じでしたね。コスプレイベントなんかも開催されていて、僕が主題歌を歌わせていただいていたアニメ『世界一初恋』のコスプレをした方も客席におられました」

――現地のファンにとってはなかなか会えない喜多さんに会えたということで、喜びも大きいでしょうね。

喜多「そうですね、今回はトークショーということで、ファンクラブイベント的にいつもより近い距離で触れ合えたかなと思います」

――同じ海外でもアジア以外ではまた雰囲気が違うものですか?

喜多「メキシコとかだとぜんぜん恥ずかしがらずに最初からワッと盛り上がりますね。アジアの方はシャイなのかも(笑)」

――そして先日、2ndアルバムとなる『ユメミルセカイ』を発売されました。1年半ぶりのアルバムとなります。
 

喜多「前作が出てから、ここまで進化した自分を見せられたらという思いを込めて作りました。アニメなどのタイアップ曲はもちろんですが、表題曲をはじめとして自分でも3曲を作詞作曲しています」

――前回から進化した部分というと?

喜多「前回が"静"なら今回は"動"ですね。激しい曲や暗い雰囲気の曲も収録していて、今までと違う面を見せられたらと思っています」

――たしかに音楽の幅がグッと広がったという印象を受けます。喜多さん自身が作詞作曲された3曲についても、それぞれ雰囲気がまったく違いますよね。

喜多「ええ。たとえば1曲目の『Beyond the Rainbow ~ユメミルセカイ~』は激しい感じで、夢に挫折したときに気持ちを奮い立たせられるような曲になっています。このアルバムの方向性を位置づける重要な曲なので、ガツンともってきたかったんですね。一方で、5曲目の『EVERLASTING』なんかはまったく違う雰囲気でR&Bっぽい感じに仕上げています。自分としてはいろいろなパターンの曲を歌っていきたいと思っていますし、今後もどんどん新しい自分を見せていきたいですね」

――でも決してバラバラというわけではないですよね。曲調はバラエティに富んでいるんだけど、その根っこにはしっかりとした"喜多修平イズム"が感じられます。

喜多「ありがとうございます。実はオリジナル曲については、すべての曲に『世界』というキーワードを入れて共通点を持たせているんです。アルバム最後の曲でもある『VOCAL LAND』はちょうど『Beyond the Rainbow ~ユメミルセカイ~』と対になっていて、近いテーマを歌っています」

――共通するテーマとアルバムコンセプトについてもう少し教えていただけますか?

喜多「アルバムのテーマは、みなさんと一緒に自分たちが夢見る世界へ歩いていこうというメッセージですね。ライブにきてくださった皆さんにそれぞれ色があって、それがライブを通してつながることで虹になったらいいなという思いを込めています」

――ファンへの思いを歌ったアルバムでもあるわけですね。喜多さんはすごくファンを大事にされているという印象があります。

喜多「ライブにきてくださった皆さん同士で仲良くなって、催し物をやってくれたりしているみたいなんですよ。そんな風に僕が皆さんをつなぎ合わせる存在になって、輪が広がっていけたらいいなと思いますね」

――そんな2ndアルバムを引っさげて、10月からはライブツアーも始まります。

喜多「今回のアルバムはもちろん、前作やCD化されていない曲も歌うつもりです。自分の持ち歌が増えてきたので、それらを合わせてどういうライブにしていくか、今から楽しみですね。今回のアルバムはアップテンポな曲が多いので盛り上がると思います」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング