宮澤佐江連載「ミラチャイ」

[第25回]宮澤佐江ちゃんと一緒に考える、激務のなかでも無理なく勉強を進める方法

今回は8月30日に迫るSNH48専用劇場「星夢劇院」こけら落とし公演を前に、あらためて“上海”という街に向き合います。佐江ちゃんの活躍の場となる中国マーケットの多様性にも注目!


ニイハオ! SNH48宮澤佐江です。

――まずは、遅ればせながら生日快乐!(お誕生日おめでとう)8月13日に23歳になった佐江ちゃん、新しい1年の抱負については前回(第24回)お伺いしました。ご自身のコメントどおり「成長は“したい”という気持ちではできない」ワケで(笑)、本日は“ミラクル☆チャイナ☆ドリーム”実現のため、あらためて佐江ちゃんの「中国入門お勉強チェック」をしてみましょうか。

\(;゚∇゚)/アセアセ

――そのご様子では、あんまり、進んでいないのかな~?

恥ずかしい話なんですけど……日常会話はまだまだです。でもお仕事で上海や台湾に行くと、何を言っているかは全部は分からないけど、聴き取れる単語は増えてきたかな。カタコトだけなら分かることもあります。日本から個人のお仕事で参加するロケの場合は、中国語を勉強しているのが私だけだったりするから「お、通じているの佐江だけだぁ」って思ったりすると、ちょっとうれしい(*^-゚)v♪

(※佐江ちゃんの台湾ロケでのエピソードについては第21回をご覧ください)

――(笑)

でも日本での仕事が忙しいと、なかなか時間が取れません。この1年を振り返ってみると、モチベーションを保つのが正直難しいなって思う時もありました。

特にいまはAKB48グループのドームツアーがあって、少しでも時間が空くと緊張を発散させたくって自分の時間にしちゃいます……この間もお仕事の後、家まで1時間かけて歩いて帰っちゃったくらいで。

――エェエッ、それって危ないんじゃないですか?

危ない…ですよね(汗) 携帯の充電も残り10%しかなくって「どこだろ、どこだろ?」って思いながら、全然知らない道をひたすら歩いたんです。それで何となく後ろを振り返ったら「あっ!ここ、車で通ったことのある道だ!」って気が付いて「逆方向に進んでたじゃん!」ってピンと来て。しばらく歩いていったら自宅のある通り沿いに出たから「あー助かったぁ」って。でも、そこから、さらに40分かかったんですけど(笑)。すっごく長かったー。けど楽しかったー。

考えてみたら、1年くらい前までは、自分だけで行動を起こすって絶対ムリだったんですよ。ひとりでは買い物へも行けなかったくらいで。でもいまは急にひとりで散歩したくなったり、お台場に行きたくなったり。SNH48への移籍を決めてから大人になったのかもしれません。でも、たぶんいま、この1年のいろいろやドームツアー、心友や仲間たちのAKB48卒業で…相当きてますね、アタマの中。何も考えないでいられる、ひとりの時間が欲しいっていうか。それじゃなかったら、大好きな家族といたいというか。

だから中国については8月25日までのドームツアーが終わってから、自分で考えなきゃって思っているんですけど。でも…今はどうしても集中できないのが本音です。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング