ソフトバンクモバイル、スマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」

2013.8.29 19:50配信

ソフトバンクモバイルは、基本使用料不要の前払い方式でスマートフォンを利用できるプリペイドサービス「プリスマ」を9月6日に開始する。

「プリスマ」は、購入したプリペイドカード(3000/5000円)の登録金額分を利用できるスマートフォン向けプリペイドサービス。通話、メール(S!メール・SMS)に加え、3Gのパケット通信も、利用期間(2/7/30日)に応じた定額制・前払い方式で利用できる。

国内通話料は全国一律9円/6秒。プリスマ専用パケット定額サービスのパケット通信定額料は、2日プランが945円、7日プランが2835円、30日プランが7350円。登録日を「1日目」とカウントし、パケット定額サービスの利用期間中は、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」も利用できる。

プリペイドカードを追加登録(リチャージ)することで、同じ番号を継続して利用できる。また、3G携帯電話のプリペイドサービス「プリモバイル」から「プリスマ」への変更に対応し、番号やメールアドレスを引き継ぐことができる。

「プリスマ」の開始に合わせて、プリペイドUSIMカードがセットになった「プリスマ」対応携帯電話を全国のソフトバンク携帯電話取扱店で発売する。「プリスマ」対応携帯電話は、無料チャージと購入日を含む2日間の無料パケット通信が付与される「無料チャージ付きプリペイドプラン」が適用され、購入してすぐに利用できる。

「プリスマ」対応携帯電話は、Android搭載スマートフォン「LUMIX Phone SoftBank 101」、9月6日に発売する「PANTONE 5 SoftBank 107SH」、10月下旬以降に発売する「STREAM SoftBank 201HW 3G」の3機種。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング