東芝、USB3.0のUSBフラッシュメモリ「TransMemory-EXTM」、25GBのフルHD動画の転送が約5分

2011.12.16 11:22配信
TransMemory-EXTM

東芝は、USB3.0「Super Speed USB」規格に準拠したUSBフラッシュメモリ「TransMemory-EXTM」を商品化し、2012年2月以降に発売する。価格はオープンで、容量64GB「UX-A064GT」が1万5000円前後、32GB「UX-A032GT」が8000円前後の見込み。

最大読み出し220MB/秒、最大書き込み94MB/秒で、USB2.0規格の従来機種「TransMemory」の約22倍の読出し速度と約18倍の書込み速度を実現。従来機種では、25GBのフルハイビジョン動画の転送に約30分かかったが、「TransMemory-EXTM」は約5分で転送できる。

独自技術によって動作時300mA以下という業界最小クラスの低消費電力で高速化を図ったことで、ノートPCに差し込んだとき、PC本体の余剰な電力消費を抑える。

独自の専用セキュリティソフトを搭載。特定の領域にパスワードロックをかけることで、格納したデータやファイルをパスワードなしで見ることができないようにするアプリケーションを備える。対応OSは、Windows7/Vista。サイズは、長さ68.8×幅21.0×高さ10.5mmで、重さは約14g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング