KDDI、「800MHz帯プラチナLTE」を前面に打ち出して“ダントツ”感をアピール

2013.9.20 15:12配信
「iPhone 5s/5c」は800MHz帯に対応

KDDIは、9月20日午前8時に全国のauショップやアップルストア、家電量販店などで「iPhone 5s/5c」の販売を開始した。東京・神宮前の「KDDIデザイニングスタジオ」では、田中孝司社長やCMに出演中の剛力彩芽さん、哀川翔さんがカウントダウンを行い、発売を盛り上げた。

auの「iPhone 5s/5c」のキーワードは、「800MHz帯プラチナLTE」だ。KDDIは3年前から800MHz帯のLTEの整備を進めてきたが、残念ながら昨年発売した「iPhone 5」は800MHz帯のLTEに対応せず、「iPhone 5s/5c」でやっと対応した。

この3年間の苦労が報われた喜びからか、田中社長は終始上機嫌。さらに「iPhone 5s/5c」が800MHz帯のバンドに対応したメリットをアピールした号外を作成し、発売の1時間前の午前7時から、道行く人や「iPhone 5s/5c」の購入で並んでいた約100人のユーザーに配布した。

田中社長は販売開始の20分以上前から壇上に上がり、「オフィスの中や新幹線でもLTEがつながる。3Gに落ちることはほとんどない。同じiPhoneでも、ネットワークでこんなに違うことを経験していただきたい。auのiPhoneは、まさに史上最高だ」と、つながりやすさを強調した。

KDDIは、前日の19日深夜に22歳以下のユーザーを対象にした「U22 auにかえる割」キャンペーンを急遽発表。KDDIに他社からの乗り換え(MNP)で新規契約した場合、最大3年間基本料無料に加え、パケット定額料1050円分を毎月割り引くという内容で、「料金については、他社が出せば追随する。実際、料金はほぼ横並びだ。キャリアの一番の価値はネットワークで、そこはKDDIがダントツだ」とした。

このあと、auのCMに出演している剛力彩芽さん、哀川翔さんが、田中社長とともにカウントダウン。剛力さんが最初の購入者に「iPhone 5s/5c」をそれぞれ手渡しした。

イベント後の取材で、田中社長は「ドコモが加わり、3社でiPhoneを販売できるようになった。みんなで業界を盛り上げていきたい。ドコモの参入によって、MNPで流れてしまうユーザー数は確かに増えるが、それ以上にKDDIに流入するユーザー数も増えると考えている」と話した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング