フォーカルポイント、仏製のアプリ連動型ウェザーステーション「Netatmo ウェザーステーション」

2013.9.30 15:37配信

フォーカルポイントは、9月27日、屋内外に設置した二つのモジュールで気温やCO2濃度などを測定し、スマートフォンやPCでモニタリングできる仏Netatmoのアプリ連動型ウェザーステーション「Netatmo ウェザーステーション」を発売した。価格はオープンで、オンラインショップのフォーカルストアでの価格は1万9800円。

屋内と屋外にモジュールを設置。屋内モジュールは室温、湿度、気圧、CO2濃度、騒音を、屋外モジュールは気温、体感温度、湿度などを測定して空気質を評価する。アプリケーションの紫外線量や日照時間を含む天気予報とあわせて、生活のさまざまな基準として参考にすることができる。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを搭載し、スマートフォン用アプリやPCのウェブブラウザから、観測データにアクセスする。

屋内用モジュールのトップ部分のタッチセンサに触れると、モジュールのLEDランプがリアルタイムの空気質を3段階の色で評価する。評価と同時に、スマートフォンへプッシュ通知する機能を搭載。CO2濃度が健康によくない数値に達したときにスマートフォンにプッシュ通知するよう設定すれば、換気のタイミングがわかる。

iPhone/Android対応の専用アプリ「Netatmo」で、スマートフォンからいつでも観測データにアクセスできる。PCのウェブブラウザから管理画面にログインすれば、年単位や月単位の気温や室温、CO2濃度などの移り変わりをグラフで確認できる。観測データを共有する機能も備える。

対応機器は、iOS 4.0以降を搭載したiPhone 5s/5c/5/4S/4/3GS、iPod touch 第3~第5世代、iPad 第1~第4世代、iPad miniで、iOS 7にも対応する。このほか、Android 4.0以降を搭載したスマートフォンに対応している。

屋内モジュールは、サイズが幅45×高さ155×奥行き45mmで、重さは約193g。屋外モジュールは、サイズが幅45×高さ105×奥行き45mmで、重さは約177g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング