ブラザー、ポータブルタイプのドキュメントスキャナ「ADS-1500W」「ADS-1000W」、無線LAN機能を搭載

2013.10.2 18:42配信

ブラザー販売は、ドキュメントスキャナ「ジャスティオ」シリーズの新製品として、コンパクトながら高速・大量スキャンに対応し、無線LAN機能を備えたポータブルタイプの「ADS-1500W」と「ADS-1000W」を、11月上旬に発売する。

コンパクトながら、高速読取りに対応。A4用紙を一度に20枚までセットできるので、大量の書類をストレスなくスキャンできる。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載。iOS/Android対応の専用アプリ「Brother iPrint&Scan」で、スキャンした内容を直接スマートフォンに取り込むことができる。また、スキャンしたデータをUSBメモリに直接保存する「スキャン to USB」機能で、PCを使わず本体だけでスキャンできる。さらに、カードスキャン専用のスロットで、運転免許証やクレジットカードなどの両面読取りに対応する。

対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.8.x/10.7.x/10.6.8。サイズは幅285×高さ84×奥行き103mm。

「ADS-1500W」は、ネットワークと連携してサービスを提供するアプリケーション「お役立ちツール」で、スキャンしたデータをブラザーのクラウドサーバー上でOffice(Word、Excel、PowerPoint)データに変換し、指定のメールアドレスに送信するなど、ビジネスに役立つ機能を備える。

タッチパネル対応の2.7インチ液晶モニタを搭載し、高い視認性と操作性を実現。画面表示にグラフィックを多用することで、より操作しやすくなった。読取り速度は毎分18枚/36面。重さは1.6kg。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

「ADS-1000W」は、読取り速度が毎分16枚/32面。重さは1.5kg。価格はオープンで、実勢価格は3万4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング