撮影:タイコウクニヨシ

今回の記事は、久々に登場のNegicco! ウレぴあ総研がサイト設立当初から追いかけ続けている新潟発の3人組アイドルグループが、3月18日、恵比寿・LIQUIDROOMでツアーファイナルを敢行!

ツアー「SPRING 2018 TOUR~あなたの街に花束を~supported by サトウ食品」を締めくくるライブは、前半がNegiccoのみ、後半が凄腕バンド「CRCK/LCKS(クラックラックス)」をバックに迎えたセット! 2種のライブを楽しめる、充実感たっぷりのライブになりました。

Negiccoならではのまったりとしたトークも、会場が涙にくれた名曲も、そして結成15周年を記念するスペシャルな情報もアリな一夜をレポートします。では、いってみましょう!

撮影:タイコウクニヨシ

ノンストップで駆け抜ける! ヴァラエティでダンサブルな前半戦

名盤アルバムからの名曲を連発!

この日の恵比寿リキッドルームは、大行列の大入り満員! 3年前のワンマンライブもレポートしましたが、さらにお客さんが増えているように感じました。何年もの長いスパンで、じっくりと成長ぶりが見られるのも、Negiccoならでは。決してハイスピードではないんですが、とっても着実なんです。

お馴染みの『Make Up Prelude』が流れ、3人がステージに登場。今日のライブは、名盤アルバム『Melody Palette』から『Negiccoから君へ』でスタートします。アルバムリリースからはや5年。歌詞の中の<ここからまた10年経っても>というフレーズが現実味を帯びてきましたね。

撮影:タイコウクニヨシ

続いては『相思相愛』。『Melody Palette』からの楽曲を続けて繰り出します。この曲を手がけたtofubeats氏も、この5年の間に有名プロデューサーとして名を馳せています。Negiccoだけではなく、シーン全体が動いているんですよね。

久々にNegiccoのステージを拝見しましたが、Meguさんのキレが素晴らしい! 初めて見た2009年に感じた凛々しさが全く失われていません。個人的な印象としては、日本でも屈指のパフォーマーであるのっち(Perfume)に近づいているように感じます。そのくらい女神度が高いんです

撮影:タイコウクニヨシ

超絶レア曲から壮絶ダンストラックへ!

続いては、初めて聴く楽曲。後のMCタイムでも触れられましたが、なんとまだ15人ぐらいしか聴いていない?というレア曲。磐越道応援のために制作された『高速道路ソング(仮)』。

この曲も出色の出来で、現在のNegiccoが歩む良質なストレートポップス路線を感じさせてくれます。その出自を考えても、キャンペーンソングにも全力投球するのがチームNegiccoの身上でしょう。

撮影:タイコウクニヨシ

さらにオールドスクール・エレクトロなイントロ、そしてドラムンベースの高速ビートへとなだれ込み、『BLUE, GREEN, RED AND GONE』へ! 音響がしっかりしたLIQUIDROOMなので、壮絶なほどに低音が響く響く! 表面だけではなく、芯となる音楽性を失わないNegicco楽曲はやっぱりすごい…。

一転して、ドラムとギターのリフレインが印象的な『江南宵唄』へ。「本当のこと教えて」というフレーズが突きささります。切なくグラマラスな大人っぽいサウンドも、ベテラン・アイドルの域に達しつつあるNegiccoならでは。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます