バッファロー、11ac対応無線LANルータ「WZR-1750DHP2」など2機種、ペアレンタルコントロール搭載

2013.12.2 12:5配信
「WZR-1750DHP2」(左)と「WZR-1166DHP2」

バッファローは、子どものインターネット利用を適切に管理するペアレンタルコントロールを搭載した無線LANルータ「WZR-1750DHP2」「WZR-1166DHP2」を12月中旬に、親機+中継機/LAN接続子機のセットモデル「WZR-1750DHP2/E」「WZR-1166DHP2/E」を12月下旬に発売する。

ペアレンタルコントロールは、インターネットの使い過ぎを防ぐ「時間帯の制限機能」、有害サイトへのアクセスをブロックする「Webフィルタリング機能」をもつ。従来製品では年額3150円の課金オプションだったが、新製品では課金なしで利用でき、より手軽に安心なインターネット環境を実現する。

「時間帯の制限機能」は、子どもが使うPCやゲーム機、スマートフォンなどの端末をリストに登録するだけで、深夜以降など、時間帯によるアクセス制限ができる。端末ごとの登録なので、大人の利用するPCなどは制限を受けることなく使用できる。

「Webフィルタリング機能」は、過激なサイトや卑わいなサイトの検索・閲覧を制限する。フィルタリングには、すぐれた信頼性をもつシマンテックの「Norton Connect Safe」を採用。複数台の端末を登録でき、登録していない端末はアクセス先の制限を受けない。

ハイパワー設計による電波出力の強化で、家中で高速通信を利用できる。子機側の位置や距離を判別して電波を適切に届けることで、転送速度や安定性を向上する「ビームフォーミング機能」を搭載する。

「WZR-1750DHP2」は、最大1300Mbps(規格値)の5GHz帯(IEEE802.11a/n/ac)と、最大450Mbps(規格値)の2.4GHz帯(IEEE802.11b/g/n)に対応し、実測でのデータ転送速度は約915Mbps。サイズは幅34×高さ212×奥行き183mmで、重さは約580g。価格は2万3205円で、セットモデル「WZR-1750DHP2/E」は4万3890円。

「WZR-1166DHP2」は、最大866Mbps(規格値)の5GHz帯(IEEE802.11a/n/ac)と、最大300Mbps(規格値)の2.4GHz帯(IEEE802.11b/g/n)に対応する。サイズは幅34×高さ212×奥行き183mmで、重さは約590g。価格は1万9845円で、セットモデル「WZR-1166DHP2/E」は3万7170円。

このほか、バッファローはスマートフォンやタブレット端末からの、通信設定をはじめとするさまざまな設定に対応した無線LANルータ「WZR-900DHP2」と「WZR-600DHP3」を12月上旬に、親機+中継機/LAN接続子機のセットモデル「WZR-900DHP2/E」「WZR-600DHP3/E」を12月下旬に発売する。

「WZR-900DHP2」は、最大450Mbps(規格値)の5GHz帯(IEEE802.11a/n)と、最大450Mbps(規格値)の2.4GHz帯(IEEE802.11g/n)に対応している。価格は1万6485円で、セットモデル「WZR-900DHP2/E」は3万2130円。

「WZR-600DHP3」は、最大300Mbpsの5GHz帯(IEEE802.11a/n)と、最大300Mbps(規格値)の2.4GHz帯(IEEE802.11g/n)に対応している。価格は1万1130円で、セットモデル「WZR-600DHP3/E」は1万5645円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング