エレコム、スタンドをもつタブレット端末用キーボード「TK-FCP066BK」など3機種、有線タイプと無線タイプ

2014.1.7 20:17配信
(左から)TK-FBP067BK、TK-FBP067BK、TK-FBP067IBK

エレコムは、タブレット端末を立てて使用できるスタンドをもつキーボード「TK-FCP066BK」(有線タイプ)、「TK-FBP067BK」(Bluetoothタイプ、Windows/Android対応)、「TK-FBP067IBK」(Bluetoothタイプ、iOS対応)の3機種を、1月中旬に発売する。価格は、「TK-FBP067BK」が8872円、「TK-FBP067BK」と「TK-FBP067IBK」がどちらも1万657円。

タブレット端末を立てることができる新形状のタブレット端末用キーボード。立てたタブレット端末が倒れないように、通常のキーボードよりも本体を重くしたことで、安定したタイピングができる。

タブレット端末は、縦置き/横置きどちらにも対応。スタンド部分の厚みを3段階で調節できるタブレットアジャスタが付属する。

キー配列は日本語87キーで、コンパクトながらキーピッチは打鍵しやすい17.5mmを確保。ノートPCのキーボードと同じパンタグラフ方式で、キーそれぞれが独立したアイソレーション設計によって、長い爪でも引っかかりにくい。

キートップには、スタイリッシュで見やすいオリジナルフォントを採用。メディア再生などに便利なマルチファンクションキーを備える。トップケースは指紋が目立ちにくいマット調仕上げで、側面の大きな滑り止めゴムによって安定したタイピングができる。サイズは幅295.0×高さ23.5×奥行き166.0mm。

有線タイプの「TK-FCP066BK」は、USB(microB)ポートに接続できるケーブル一体型。USB(A)変換コネクタが付属する。Windows用モードとAndroid用モードを切り替えて使用できる。Androidでキーボードの印字通りのキー入力ができるアプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応する。対応OSは、Windows 8.1/8/7(SP1)、Android 4.1以降。重さは約460g。

Bluetoothタイプの「TK-FBP067BK」と「TK-FBP067IBK」は、Bluetooth 3.0に対応。Bluetooth HIDプロファイルに対応した機種なら、アダプタなしで接続できる。専用ドライバなどをインストールする必要はなく、ペアリングするだけで使用できる。

スタンド部にタブレット端末をセットするだけで電源がオンになり、取り外せばオフになる。電源は単3形乾電池×1本で、USB給電にも対応する。アルカリ乾電池使用時のバッテリ駆動時間は約6か月。重さは約440g。

「TK-FBP067BK」は、Windows用モードとAndroid用モードを切り替えて使用できる。Androidでキーボードの印字通りのキー入力ができるアプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応する。対応OSは、Windows 8.1/8/7(SP1)、Android 4.1以降。

「TK-FBP067IBK」は、iOS 6.0以降を搭載したiPad/iPad mini/iPhoneに対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング