90分1本勝負。といってもプロレスの話ではない。肉の食べ放題の話。

向かった先は、中央区八丁堀にある「みやもと牧場 八丁堀店」。

この店はその名の通り、畜産家の宮本牧場が始めた焼肉レストラン。つまり、第六次産業レストランなので廉価。肉食べ放題にソフトドリンクが付いて3,800円。アルコール飲み放題が付いても4,800円。

牧場がある場所は、長崎県西海市。といっても西海市がどこにあるのか、かくいう私も知りませんでした。地図を見ると、長崎市がある西彼杵半島(にしそのぎはんとう)の北部に位置するのが西海市である。

同市には3つの自然公園(西海国立公園、大村湾県立公園、西彼杵半島県立公園)があり、気候も温暖らしい。

そんな西海市にある農場(東京ドーム3分の1個分)で、牧場主の宮本松忠さんは長崎黒毛和牛と、「炭美豚」と命名した豚を一貫生産している。炭美豚は炭を食べさせた、宮本牧場のブランド豚。炭を食べることで脂が甘くて上品な味わいになるという。しかも臭みがほとんどなくなるなどの効果があるそうだ。

バイキングは「肉の玉手箱」からスタート。

黒毛和牛(この日はサーロイン)、炭美豚、鶏肉のセットだ。これを食べ終えたら、牛肉、豚肉、鶏肉の中から好きな肉や部位などを注文しよう。

長崎黒毛和牛も炭美豚も一頭買いしているので、ほとんどの部位を提供している。

黒毛和牛の中で人気がある部位を盛り付けてもらった。カルビ、ロース、赤身、サイコロステーキ、ハラミ、タン。1人前は5枚が基本。もちろん減らすことも可能だ。

ホルモンもある。ミノ、レバー、マルチョウ、ハツ、センマイ。

以上が、食べ放題の牛肉の部位。

これに加え、早い者勝ちのメニューもある。

「うまい肉」更新情報が受け取れます