シャルキュトリー5種盛合せシャルキュトリー5種盛合せ

肉好きにとって天国のようなワインバーが田園調布にある。田園調布駅から徒歩数分の「メッツゲライ・ササキ」である。

この店のどこが肉好きの天国かというと、思わず頬ずりしたくなるソーセージや、見ているだけでよだれがたれてくるベーコンを提供しているのだ。

外観外観

今どきソーセージもベーコンも珍しくはないが、ソーセージの本場、ドイツ仕込みの食肉加工品を食べさせてくれるとなると話は別である。

ソーセージは4種類。シンケンクナッカー(粗挽き)、ヴィナー(細挽き)、フランクフルター(細挽きソーセージの大きいタイプ)、ブラートヴルストを提供している。

ブラートヴルストは、油で揚げるようにして焼くため、表面がカリッと香ばしい。ビールをグビグビ飲みながら、このソーセージをほお張りたい肉フェチも多いはず。

日本で言う豆腐? 本場ドイツで“朝食”に食べる白いソーセージ

ビールの話もしたいが、まずその前に肉である。

金曜と週末限定のソーセージもある。豚肉や仔牛、ターキーで作ったヴァイスヴルストと呼ばれる、ミュンヘン生まれの白いソーセージだ。

ヴァイスヴルストヴァイスヴルスト

「日本で言うと豆腐みたいな食材でしょうか。ミュンヘンっ子は、早朝できたばかりのヴァイスヴルストを朝買いに行き、ビールと一緒に朝食に食べます。日持ちしないため、ミュンヘンでは午後の鐘を聞く前に食べろと言われています」と教えてくれたのは、南ドイツで3年半みっちりと食肉加工品の技術を修業した今泉瞬さんだ。

ヴァイスヴルストはやや硬い豚腸で作っているので、皮を外して食べるのがコツだそうだ。どうやって皮をとるのか教えてもらった。

「うまい肉」更新情報が受け取れます