【ホルモン】未体験の“激ウマすぎホルモン”日本初上陸! 注目新店「オバルタン ジャパン」実食レポート【動画あり】

2016.6.22 17:20

韓国の超人気ホルモン店が、日本初上陸で上野にオープン。これまでのホルモン観を覆す、激ウマ絶品ホルモンの正体とは? 動画ありの実食レポートをお届け!

画像4re

ホルモン嫌いの男性はまずいないだろう。旨くて栄養があり、しかも安いとくれば、嫌いになる理由がない。けれど、煙がもうもうの店が多く、「彼女を誘いにくい」とお悩みの諸兄も多いと思う。

片や、女性の隠れホルモニストも意外と多い。ところが、やはり煙が充満するホルモン焼き店は入りにくく、「女子会には不向きだ」と諦めていた人も多いはず。

女子会にもデートにも使えそうな、ホルモン焼肉店が5月上野にオープンした。

若い女性にも喜んで食べてもらえるホルモンを

「うちは煙がもうもうでもなければ、ホルモンが焼ける匂いもほとんどありません」と語るのは、『オバルタン ジャパン上野店』の金智弘店長だ。

この店では火力が強い備長炭でホルモンを焼くのだが、焼き網の真上に設置したフードで、立ち上る煙を速攻でシャットアウト。おかげで店内が煙であふれず、服や髪の毛に匂いが付く心配もほとんどない。

画像1re

オバルタンはソウル市内に9店舗、その他韓国国内に8店舗、中国の北京にも1店舗を構えるホルモン焼肉の専門店だ。レストラン向けの雑誌を編集していた人が開業したという。

「おいしいものを食べ歩いた経験の中で、ホルモンを若い女性にも喜んで食べてもらいたいと思いました。そのためにもオシャレで、煙の心配がない設備にしたいと考え、強力なフードで煙を除去する方法を採用したと聞いています」

日本からわざわざ韓国に足を運ぶファンも多いことから、オバルタン ジャパン上野店をオープンしたというのだ。

画像2re

どんな料理が食べられるのかわからなかったので、8000円のコースを頼んだ。

ナムル盛合せ、キムチ盛合せ、サラダ、幸せの特撰ホルモン盛合せ、和牛、ミノチャーハン、テンジャンチゲなどが登場する。

画像3re

この店では、女性店員が焼き奉行を担当。ホルモンは焼きすぎると固くなる。そのため、焼き具合を確認しながら、専門スタッフが焼いてくれるのだ。
が、ただ焼くだけかと思っていたら、実はそうではないことがあとで判明した。何がわかったのか、後述する。

「特製ポッサムキムチも食べてみませんか。キムチは家庭で作りますが、宮廷料理の一種のポッサムキムチは作るのに手間がかかるため、買ってくるか、外食する機会が多いです」

店長にすすめられ、特製ポッサムキムチもオーダーした。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント