ソフトバンクモバイル、音声定額とパケット定額のセットパック、4月に提供

2014.1.24 18:8配信
新定額サービスの概要(予定)

ソフトバンクモバイルは、SoftBank 4G/SoftBank 4G LTE対応のスマートフォン向けに、音声通話とパケット通信(データ通信)をパックにした新たな定額サービスを4月21日から提供する。

セットパックは、対象機種の購入時にのみ申し込むことができ、月額5980円のSパック(価格はすべて税抜き、以下同じ)、月額6980円のMパック、月額9980円のLパックの3種類を用意する。「音声定額」として、Sパックは月50回(1回3分以内)、Mパック・Lパックは月1000回(1回5分以内)まで、国内音声通話が無料。ただし、超過分は30円/30秒の通話料がかかる。ソフトバンク携帯電話を利用している家族への通話は無料。

また、「パケット定額」として、Sパックは2GB、Mパックは7GB、Lパックは15GBまで、国内ならばパケット通信が使い放題になる。ただし、それぞれ上限を超過した場合、Sパックは250円/100MB、Mパックは125円/100MB、Lパックは100円/100MBの通信料がかかる。通信速度は128kbpsの低速になるものの、超過しても追加費用が発生しないオプションサービス(月額300円)も用意する。

セットパックだけでは利用できず、別途専用基本料と「S!ベーシックパック」の月額利用料が必要。専用基本料は、テザリングオプションと、公衆無線LANサービスの「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用料を含め、2年契約(自動更新)の場合は月額980円、通常契約の場合は月額1960円。詳細は決まり次第、改めて告知する。

新定額サービスは、現在はデータ通信専用のLTEネットワークで音声通話を実現するVoLTE(Voice over LTE)時代を見据えたもの。こうした音声通話とパケット通話のパックプランは、米国など世界の携帯電話事業者ですでに導入されているという。

なお、スマートフォン向けに、従来のホワイトプラン、パケット定額サービスも引き続き提供する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング