ドコモ、『ドラゴンクエストX dゲーム版』対応機種を拡大、スマートフォン向けにも配信

2014.3.10 17:40配信
『ドラゴンクエストX dゲーム版』のプレー画面のイメージ

NTTドコモは、ゲームプラットフォーム「dゲーム」で提供している人気オンラインゲーム『ドラゴンクエストX dゲーム版』の対応機種を、3月10日10時から、ドコモのWi-Fiタブレット「dtab」1機種から計14機種に拡大した。「メタルスライム」をモチーフにした「SH-01F DRAGON QUEST」をはじめ、対応するAndroid搭載スマ―トフォン・タブレット端末でプレーできる。

「ドラゴンクエストX dゲーム版」は、2013年12月16日から配信を開始した。クラウド技術を利用し、家庭用ゲーム機のWiiやWii U、Windowsを使用しているプレーヤーとゲーム内でいっしょに遊ぶことができ、docomo IDとスクウェア・エニックス アカウントを紐づけることで、WiiやWii U、Windowsと同じキャラでプレーすることもできる。

追加した対応機種は、スマートフォンのAQUOS PHONE ZETA SH-02E、AQUOS PHONE ZETA SH-01F、SH-01F DRAGON QUEST、ARROWS NX F-01F、GALAXY S III SC-06D、GALAXY S III α SC-03E、GALAXY S4 SC-04E、GALAXY Note 3 SC-01F、Xperia Z SO-02E、Xperia A SO-04E、Xperia Z1 f SO-02F、タブレット端末のARROWS Tab F-02F、Xperia Tablet Z SO-03Eの計13機種。Wi-Fi(無線LAN)に加え、LTE環境でも利用できるが、大容量のパケット通信が必要なので、Wi-Fi環境での利用を推奨している。なお、FOMA(3G)環境ではプレーできない。

3月10日から、『ドラゴンクエストX dゲーム版』を、ドコモのタブレット・スマートフォンで新規にプレーした先着10万人限定で、通常、3時間の無料プレー時間を3日間(72時間)に延長する「ドラゴンクエストX dゲーム版(スマホ)配信記念!先着10万名様、3日間(72時間)無料キャンペーン」を実施する。キャンペーンの終了日時は、3月24日9時59分(予定)または先着10万人を突破した時点。

「dゲーム」は、「キャリアフリー」に対応し、docomo IDさえあれば誰でも利用できるが、『ドラゴンクエストX dゲーム版』は、ドコモ回線・spモードの契約が必要。課金体系は事前に利用券を購入する方式で、初回は3時間無料でプレーできる。アプリ本体は無料。利用券の料金(税別)は、3日間が350円、10日間が650円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング