イオン、月額2980円で使える「イオンのスマートフォン」、店頭で発売

2014.4.1 13:14配信
イオンのスマートフォン

イオンは、日本通信との協業によって、通信料金と本体価格を合わせて税別月額2980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を、全国のイオンなど約170店舗で4月4日に発売する。

「料金体系がわかりにくい」「必要な機能に絞ることで料金を抑えられないか」というユーザーからの要望に応えたスマートフォン。料金体系を端末の価格と通話料にわかりやすく分離するとともに、音声通話やウェブ閲覧などの機能に絞ることで、通信コストを削減した。

端末は最新のスマートフォンと同等の機能を備える「nexus 4」、通信サービスは日本通信が提供する「b-mobile」を使用する。通信速度の上限を200kbpsに制限することで、低速ではあるもののデータ通信は定額使い放題、音声通話は30秒あたり税別20円で利用できる。

端末の価格は、税別で月額1420円×24回払い(総額3万4080円)。月額基本料は税別1580円で、税別月額2980円+通話料で使用できる。

高速のデータ通信を利用したい場合には、月ごとに適用できる「3GB高速データオプション」を、税別月額1560円で用意する。

このほか、使用したいときだけ高速通信を利用できる「Turbo Charge」として、100MB分で税別300円、500MB分で税別1200円も用意している。「Turbo Charge」の有効期限はどちらも90日。なお、YouTubeやHD動画の視聴には対応していない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング