ハイホー、「hi-ho LTE typeDシリーズ」で「音声通話対応SIMカード」を提供、SIMロックフリー端末に対応

2014.4.14 15:34配信
「hi-ho LTE typeDシリーズ」のウェブページ

ハイホーは、4月14日、インターネットサービスプロバイダ「hi-ho」のサービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」で、「音声通話対応SIMカード」の提供を開始した。

「hi-ho LTE typeDシリーズ」は、NTTドコモのXi(クロッシィ)とFOMAに対応したSIMカードを、SIMロックフリーのスマートフォンやタブレット端末、モバイルルータなどで安く利用できるサービス。

「音声通話対応SIMカード」を使用することで、国内外の固定電話やスマートフォン、携帯電話との通話ができる。緊急電話や特番電話への通話ができ、転送電話、国際電話、国際ローミング、迷惑電話ストップサービス、遠隔操作の利用にも対応する。

通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで、通信容量超過時の転送速度は最大200kbps。標準SIM、microSIM、nanoSIMがある。

月額利用料金はSIM1枚あたり税別1000円で、通話料金は30秒あたり税別20円。SMS1通あたりの送信料は、国内への送信が税別3円、国外への送信が50円(非課税)、国外での送信が100円(非課税)。最低利用期間は12か月で、最低利用期間内での解約には別途解除手数料が発生する。

「音声通話対応SIMカード」1枚を申し込んだ場合の「hi-ho LTE typeDシリーズ」の主なコースの月額利用料金の合計は、「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート」が税別で1933円、「hi-ho LTE typeD アソート」が2409円から、「hi-ho LTE typeD ファミリーシェア」が3838円から。

ハイホーは、5月中旬に、MNP転入への対応や会員専用ページでの通話履歴明細表示機能の提供を予定している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング