ドコモ、「ドコモメール」の利用者数が1000万突破、開始から約6か月で

2014.4.14 18:25配信

NTTドコモは、4月14日、「ドコモメール」の利用者数が提供開始から約6か月で1000万人を突破したと発表した。

「ドコモメール」は、ドコモのスマートフォンやタブレット端末に加え、パソコンのウェブブラウザやIMAP対応の汎用メールソフトでも、spモードメール、iモードメールのメールアドレス(@docomo.ne.jp)を利用できるクラウド対応メールサービス。ドコモメールで送受信したメールはクラウド(ドコモのメールサーバー)に蓄積し、クラウドを利用して、機種変更時のデータ移行や端末紛失時のデータ復旧が簡単にできる。メールの保存容量は1GB。Wi-Fi利用時でもメールを送受信でき、絵文字やデコメも使用できる。

2013年10月24日に、「Xperia Z1 SO-01F」など、Android搭載スマートフォン向けに提供を開始し、順次対応機種・対応デバイスを拡大していった。11月26日には、「docomoID」を利用したマルチデバイス対応を開始。12月17日には、それまで従来のspモードメールにしか対応していなかったiPhone 5s/5c向けにも提供を開始し、同時にパソコン向けの「ドコモメール(ブラウザ版)」の提供、汎用メールソフト(IMAP)対応を開始した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング