中華街「世界チャンピオンの肉まん」は何が違う? チャンピオンにインタビュー!

横浜中華街では「チャンピオンの肉まん」「金メダリストの肉まん」などと書かれている巨大な看板があちこちで目につく。これらはいずれも「中国料理世界大会」の金メダリストなのだそうだが…? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
中華街に「世界チャンピオンの肉まん」の店がいっぱいあるんですが、そもそも何の世界大会なんですか?(XYZさんのキニナル)

 

中国料理世界チャンピオン?何だそれは?

横浜中華街を歩くと、確かに黒と黄色の巨大な看板に「チャンピオンの肉まん」「金メダリストの肉まん」などと書かれている光景があちこちで目につく。最近は類似の店舗や中華料理店も増えたが、投稿にある「世界チャンピオンの肉まん」の元祖は「皇朝」という店舗だ。

皇朝は点心舗4軒及びバイキングレストラン1軒が中華街に密集しており、どの店も上記の看板と首に金メダルををさげた4人の厨師(中華料理のコック)の写真がトレードマークになっている。

看板を詳細に眺めると、これらのチャンピオンはいずれも「中国料理世界大会」の金メダリストだと記されている。

しかし中国料理世界大会とは何なのだろう。本当に権威のある大会なのだろうか?ユーザーから、「そのお店の関係者だけの大会なんじゃないの?」という投稿もきているし、中華街の甘栗屋台などの取材をしてきた我々としては、どうしても疑念を感じてしまう。

そこで我々は中華料理界の権威、(財)日本中華料理協会に問い合わせた。

 

中国料理世界大会とは中華料理界のオリンピックだった!!

中国料理協会のWEBサイト

担当者曰く、「中国料理世界大会」は中国政府公認の中国料理協会主催の料理大会で、4年に1回開催されます。中華料理のワールドカップかオリンピックのような大会ですね。国内外の選り抜きの厨師が数百人も参加する世界最大規模のコンテストで、当然権威もあります」とのこと。

しかしそんな名人を4人もどうやって日本に連れてきたのか?我々は意を決して皇朝グループを運営する「有限会社ミック」に直接取材を申し入れた。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント