EIZO、24.1型のカラーマネージメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247/CX241」

2014.4.18 19:32配信
ColorEdge CG247

EIZOは、Adobe RGB色域を99%カバーするグラフィックス市場向けの24.1型液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247」「ColorEdge CX241」を4月24日に発売する。価格はオープン。

ともにAdobe RGBカバー率99%のIPSパネルを採用し、広色域データを忠実に再現する液晶ディスプレイ。従来機種の「CG246」「CX240」では、HDMI入力は解像度1920×1080までの表示に限られていたが、新製品はHDMI入力とDVI、DisplayPortの3系統入力で、1920×1200表示に対応した。さらに、広色域LEDバックライトを採用することで消費電力を抑え、冷却用のファンを使わない内部設計を実現した。「CG247」の標準消費電力はわずか32Wで、従来機種から22%削減した。

「CG247」は、ワークフローで厳密な色の管理と運用が求められる映像制作市場やプロフェッショナルフォト、プリプレスをターゲットにした製品。モニタをキャリブレーションセンサで測定し、目標値に沿って画面表示するように表示校正する。オンラインショップのEIZOダイレクトでの税込み価格は17万4800円。

「CX241」は、デザインやデジタルフォト、研究開発など、正確な色の表示が求められる市場をターゲットにした製品。キャリブレーションした調整結果やプリセットのカラーモードを再調整できる「コレクションセンサー」を内蔵する。EIZOダイレクトでの税込み価格は、ColorEdge専用の調整ソフトウェア「ColorNavigator 6 EX2」付属モデル「CX241-CNX」が12万3000円、「ColorNavigator 6」付属モデル「CX241-CN」が11万8000円、「ColorNavigator Elements」付属モデル「CX241」が11万3000円。

このほか、印刷物を見る際のカラーマッチングに適したデスクライトとして、標準光源5000Kを採用したRa(平均演色評価数)97の高演色LEDスタンド「Z-80pro-EIZO」を5月27日に発売する。EIZOダイレクトでの税込み価格は3万8000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング