ソニー、防水対応で手のひらサイズのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X1」、高出力の「SRS-X2」も

2014.5.7 19:21配信
SRS-X1

ソニーは、ワイヤレスポータブルスピーカーの新製品として、お風呂やキッチン、レジャーなどで手軽に楽しめる防水性能を備えた「SRS-X1」と、実用最大出力20Wの高出力デジタルアンプを搭載した「SRS-X2」の2機種を、6月21日に発売する。

Bluetooth 3.0とNFC(近距離無線通信)に対応したワイヤレスポータブルスピーカー。スマートフォンなどのNFC対応機器を本体にかざすだけでBluetooth接続設定(ペアリング)ができ、音楽再生やハンズフリー通話を簡単にワイヤレスで楽しめる。

「SRS-X1」は、JIS IPX5・JIS IPX7相当の防水性能を備え、お風呂やキッチン、レジャーなど、シーンを選ばずどこでも高音質で音楽を再生する。

「サークルサウンドステージ」で、スピーカーを中心にクリアで広がりのある音を360°全方位に効率よく拡散。また、「ステレオペアリング」機能によって、本体を2台接続したステレオでの音楽再生に対応する。

小型軽量ながら、実用最大出力5Wの高出力を実現。下面のパッシブラジエータで、レンジの広い豊かな音を再生する。

バッテリ駆動時間は約12時間。サイズは幅78.0×高さ80.5×奥行き78.0mmで、重さは約185g。カラーは、ホワイト、ピンク、バイオレット、ブラックの4色。価格はオープンで、税別実勢価格は8500円前後の見込み。

「SRS-X2」は、軽量ながら実用最大出力20W(10W+10W)の高出力デジタルアンプを搭載するとともに、豊かな低音出力を可能にするバスレフ構造の高音質2チャンネルスピーカーシステムを採用。パワフルでクリアなサウンドを再生する。

デジタル信号処理技術をバランスよく組み合わせることによって、上質な音を手軽に楽しめる「ClearAudio+」で、低域から高域まで、クリアで臨場感のある音を複雑な設定なしで楽しめる。

広がりのある音場を実現するサウンドモードによって、一人のときだけでなく家族や友人が集まったときも、スピーカーを意識することなく音楽に没入できる。

バッテリ駆動時間は約5時間。サイズは幅171.0×高さ60.5×奥行き56.5mmで、重さは約500g。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。価格はオープンで、税別実勢価格は9500円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング