KDDI、アニメ見放題の「アニメパス」、『月刊ニュータイプ』とコラボした情報コンテンツも提供

2014.5.8 20:41配信
「アニメパス」のサービスロゴ

KDDIは、5月8日、KADOKAWAの協力によって、6月下旬から、アニメ見放題に加え、アニメに関する情報コンテンツを提供する「アニメパス」サービスを開始すると発表した。税別料金は月額400円で、初回加入時は14日間無料。

「アニメパス」は、約500作品・7000話のアニメを視聴できるアニメ見放題サービス。当初のラインアップは、『秒速5センチメートル』『日常』『氷菓』『ストライクウィッチーズ』などで、今後、順次拡大していく。7月以降、最新のTVアニメ作品も、いち早くテレビ放送後に配信する予定。また、8月以降、監督・声優・作画監督などで探すことができる人物検索、ジャンル検索、制作年代検索などの豊富な検索機能を提供し、自分好みの作品がすぐに見つかるようにする。

KADOKAWA発行のアニメ情報誌『月刊ニュータイプ』とのコラボレーションによって、『月刊ニュータイプ』内の人気コンテンツや、編集部が「アニメパス」のために取材したイベントレポート・声優インタビューなどのアニメ関連の情報コンテンツを提供する。さらに、「auスマートパス」と連携し、会員特典として、無料で視聴できる作品を用意するほか、イベントへの招待・先行受付などのさまざまな特典を提供する。

対応機種は、Android 4.0以降またはiOS 7.0以降を搭載したauスマートフォン、タブレット端末(一部機種は非対応)。8月には、PCにも対応する予定。

「auスマートパス」は、今年3月17日に、会員が1000万を突破。映像サービス「ビデオパス」、音楽サービス「うたパス」、電子書籍サービス「ブックパス」に加え、新たに「ディズニーパス」と「アニメパス」を提供し、ユーザーの好みやライフスタイルに合わせたスマートフォンの楽しみ方を広げる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング