ケイ・オプティコム、高速LTE・音声通話・スマートフォンを低価格で提供する新サービス「mineo」

2014.5.19 19:3配信
サービスロゴ

ケイ・オプティコムは、au 4G LTE網を利用した高速LTEと音声通話、スマートフォンを低価格で提供するモバイルサービス「mineo(マイネオ)」を6月3日に開始する。

モバイル市場で大手携帯キャリアやデータ通信を主としたMVNOとは異なる「Low Cost Mobile Carrier(LCMC)」という新しいカテゴリを形成し、誰もが安心して利用できる低価格な高速LTEサービスを提供する。

データ通信だけの「シングルタイプ」と、月額プラス610円で音声通話が利用できる「デュアルタイプ」の2種類を用意。データ通信だけの「シングルタイプ」の場合、オフィス街や室内でもつながりやすい性質をもつプラチナバンド(800MHz帯)に対応したau 4G LTE回線を、1GBまで1か月980円で利用できる。1GBまでは速度制限がないので、動画も視聴できる。1GBを超過した場合でも、メールやLINE、Twitterなどは、ストレスなく使用できる。

「デュアルタイプ」は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応し、使用中の電話番号で音声通話機能が利用できる。また、「シングルタイプ」「デュアルタイプ」とも、ケイ・オプティコムが提供する通話アプリ「LaLa Call」の月額基本料を無料で利用できる。050番号が無料でもつことができ、固定電話が3分8円など、各種電話宛てに割安料金で利用できる。

スマートフォンを同時に購入することができ、6月のサービス開始時点では、テザリングやおサイフケータイ、ワンセグなどに対応する京セラ製スマートフォン「DIGNO M」を提供する。今後、端末のラインアップを増やしていく。

5月15日の発表時に、端末セットで予約したユーザー先着1000名を対象に、月額基本料金を最大24か月間980円割り引くキャンペーンを開始したが、発表から1日経たずに予約が1000名に達したことから、キャンペーンは終了した。6月2日までは、SIMカードだけのユーザーと、端末セットで予約した1000名以降のユーザーは、最大6か月間月額基本料金を980円割り引く。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング